交通事故の無料相談を受け付けています

弁護士報酬は完全後払い!

増額なければ報酬円!

  • ※相談料円(何度でも!)
  • ※着手金
  • 示談金2~128倍増額実績多数

  • 年間相談件数1306(2015年)




交通事故示談または判決による最新解決実績

⇒ 詳しくはこちら

2016年1月29日 16:35
【後遺症】併合6級で約4.1倍に増額
20160129.png
18歳男子大学生が、交通事故に遭い、骨折等の傷害を負い、症状固定しました。

後遺症としては、左足関節可動域制限、足指機能障害、短縮障害、下肢醜状痕などが残りました。

自賠責後遺障害等級は、併合で6級が認定されました。

保険会社は、治療中は、治療費や休業補償などを支払いましたが、症状固定後、被害者に対し、示談金として、金1827万5619円を提示しました。

被害者は、この金額が妥当かどうか確認するため、みらい総合法律事務所の弁護士に無料相談をしました。

弁護士が検討したところ、大幅に増額できることがわかり、依頼しました。

話し合いでは解決がつかないため、提訴。

最終的には、7500万円で和解が成立し、解決しました。

保険会社提示額の約4.1倍にまで増額したことになります。

お大事に。
20160129.png

2016年1月18日 15:16
【後遺症】神経症状で2.8倍に増額
20160118.png
43歳女性が、交通事故により、膝に傷害を負い、膝に神経症状の後遺症を残して症状固定しました。

事故としては、自転車で横断歩道を横断中に、左折自動車と接触した事故です。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、後遺障害等級12級が認定されました。

保険会社は、すでに支払い済みの治療費や休業補償の他、示談金として、236万5200円を提示しました。

被害者が、この示談金が妥当な金額かどうか、確認したい、とのことで、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました

弁護士が検討したところ、まだ増額が可能であると判断し、弁護士に依頼しました。

過失割合と逸失利益が問題となりましたが、最終的には、672万2221円で解決しました。

保険会社提示額の約2.8倍で解決したことになります。

お大事に。
20160118.png

2016年1月13日 10:30
【後遺症】脊柱変形で約3.7倍に増額
20160113.png
25歳男性が、交通事故により、脊柱圧迫骨折の傷害を負い、脊柱変形の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、11級7号が認定されました。

保険会社は、自転車の事故で被害者側の過失を主張し、また、後遺症の症状が残っていない、とのことで、逸失利益を否定してきました。

そして、示談金としては、315万6941円を提示しました。

被害者としては、これ以上は自分では対応できない、とのことで、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

その後も過失と逸失利益が争いとなりましたが、最終的には、1175万4790円で解決しました。

保険会社提示額の約3.7倍に増額したことになります。

お大事に。
20160113.png


2016年1月29日 16:35
【後遺症】併合6級で約4.1倍に増額
2016年1月18日 15:16
【後遺症】神経症状で2.8倍に増額
2016年1月13日 10:30
【後遺症】脊柱変形で約3.7倍に増額
2016年1月 3日 15:53
【後遺症】脊柱変形で約2倍に増額
2015年12月 4日 14:22
【高次脳機能障害】7級で約2200万円の増額
2015年11月30日 16:53
【後遺症】8級で3000万円獲得
2015年11月16日 15:47
【後遺症】11級7号で約2倍に増額
2015年11月 9日 10:34
【後遺症】12級14号で約6倍に増額
2015年10月22日 10:38
【後遺症】12級13号で4.8倍に増額
2015年10月 5日 12:26
【後遺症】併合10級で約2倍に増額
交通事故でみらい総合法律事務所が選ばれる7つの理由

交通事故被害者の無料相談について




※交通事故に関するご相談、ご依頼の場合に限ります。
また、被害者等の任意保険に弁護士費用特約がある場合には、
ご依頼者にご負担がない範囲内で着手金が発生する場合があります。

相談~受任・解決までに必要な費用について




通常、必要となる弁護士費用(※1)は
①相談料 ②着手金 ③報酬 ④実費
になります。

みらい総合法律事務所では、被害者の方の負担が少なく済む弁護士報酬基準を定めております。

また、報酬は完全後払い制です。
賠償金獲得後にお支払いいただく形ですので、
依頼者の初期費用負担は一切ありません。

※1 旧・日弁連報酬等基準の場合。現在でも多くの法律事務所がこの基準を元に弁護士報酬を定めており、代表的(標準的)な費用体系の一つです。
「一般的な弁護士費用の相場」と言えます。



みらい総合法律事務所の報酬体系

  

何度ご相談いただいても無料です。安心してご相談ください。
  

ただし、被害者等の任意保険に弁護士費用特約がある場合には、
その範囲内で(依頼者にご負担がない範囲内で)着手金が発生する場合があります。
依頼者からはいただきません。
   

【1】通常の場合
獲得金額(自賠責含む)の10%(消費税別途)

訴訟をして、判決までいく場合には、通常賠償金額の10%程度の弁護士費用が賠償額に上乗せされますので、弁護士費用を加害者にある程度負担させられる場合があります。「獲得金額」は、「増額した金額」ではなく、実際に獲得した金額となります。

例)賠償金として1,000万円獲得した場合

【2】上記の基準では受任できない場合

予想獲得金額が低いと費用倒れになる場合があり、依頼者の利益にならないため受任できない場合があります。
しかし、事案により、異なる報酬体系を取った上で受任できる場合がありますので、まずはご相談ください。









示談交渉の場合には出張がある場合を除き、通常かかりません。 実費は主に訴訟提起の場合の印紙代等です。


(右の表をご参照ください)

印紙代の資金もない場合には、
自賠責への被害者請求をすれば、
ある程度の資金(上限4,000万円)を
確保できますので、
その後で訴訟提起をすれば、
資金的には大丈夫でしょう。



交通事故無料相談の対象事案について

0120-949-753

ページトップへ

シミュレーション

損害賠償自動シミュレーション 後遺症編

損害賠償自動シミュレーション 死亡事故編

メディア出演

⇒ 詳しくはこちら

2016年2月 4日 14:27
テレビ朝日「モーニングショー」2016.2.4出演
2016年2月 4日 14:22
「朝日新聞」2016.2.3取材
2016年2月 4日 14:17
雑誌「AERA」2016年1月25日号取材
2016年1月13日 10:56
テレビ朝日「モーニングショー」2016.1.11
2015年12月11日 13:12
BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」2015.12.10
2015年12月 4日 14:16
フジテレビ「NON STOP!」2015.12.3
2015年11月30日 16:51
テレビ朝日「ワイドスクランブル」2015.11.25出演
2015年11月30日 16:49
TBSテレビ「朝チャン!」2015.11.25出演
2015年11月30日 16:48
TBSテレビ「白熱ライブビビット」2015.11.25
2015年11月19日 14:46
雑誌「週刊朝日」2015.11.27号取材

交通事故の被害者は、なぜ弁護士に相談した方がいいのか




ページトップへ

0120-949-753

Copyright©2010 みらい総合法律事務所 All Rights Reserved.