最新解決実績 | 交通事故・慰謝料増額の弁護士相談なら|弁護士による交通事故SOS - Part 52

交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

死亡事故

2005年09月01日

慰謝料は、交通事故の被害者が被った様々な損害のうち、精神的損害に対する賠償のことです。交通事故による損害賠償イコール慰謝料ではありません。

死亡事故の場合も同様です。慰謝料の他、逸失利益や葬儀費用その他の賠償があります。

このうち、慰謝料については、だいたいの金額の相場があります。

交通事故により死亡した者の家庭における立場により、次のように分類されています(赤い本2005による)。

一家の支柱 2,800万円
母親、配偶者 2,400万円
その他(独身者、子供、幼児等) 2,000万円†2,200万円

この金額に、死ななかったら将来得られたであろう収入の概念である逸失利益が加算されることになります。

子供や幼児が亡くなったときの両親の悲しみは、一般的に他の場合よりも精神的苦痛の程度は大きいような気がします。判例の集積により是正されることを期待します。

自賠責と複数人被害

2005年09月01日

22日午前4時15分ごろ、宮城県多賀城市の国道で、横断歩道を渡っていた仙台育英学園高校の生徒の列に乗用車が突っ込み、生徒の3人が死亡し、20人が重軽傷を負ったそうです。

高校生といえば、これから社会に出て活躍しようという人達です。ご両親の無念も大変なことだと思います。

加害者は刑事手続きにより処罰されることになりますが、お亡くなりになったお子さんは戻ってはきません。そこで、法律では、民事損害賠償制度を設けています。

しかし、莫大な損害賠償になるため、通常加害者の資力では支払うことは不可能です。そこで保険制度が存在します。自賠責保険は、必ず加入しなければならない強制保険、自賠責保険でカバーしきれない損害賠償を填補するのが任意保険です。

加害者が任意保険に加入していることを願うばかりですが、仮に加入していないときは自賠責保険で損害を賄わなければなりません。ところで、自賠責保険の支払限度額は、死亡の場合で3,000万円です(治療費等除く)。

では、死亡者が3人の場合には、3分の1になってしまうのでしょうか。

この点は、被害者の保護が考えられており、1人につき、3,000万円の限度が設けられています。

逆に、加害車両が複数台の場合(2台以上の自動車の過失により事故が生じた場合)には、自賠責保険に加入している自動車の台数分だけ支払限度額がありますので、その分被害者に有利に働きます。

鈴鹿レース死亡事故

2005年09月01日

鈴鹿サーキットで、平成17年6月12日に、オートバイレース中に、レースに参加していた24歳の男性が、コンクリート製フェンスに激突して死亡したそうです。

男性が、任意保険に加入していたとしても、あらかじめサーキット場で運転することを保険会社に通知し、承認されていない限り、保険金がおりないという判例があります(平成14年4月18日東京地裁判決)。

危険が著増するときは、あらかじめ保険会社に通知し、承認の請求をしなければならない約款になっていたところ、道路交通法や速度制限のないサーキット場での運転は、危険が著増するときにあたると判断したものです。

そうすると、後は、男性の走行を妨害した他の参加者がいればその参加者に、なければサーキット場に損害賠償を請求しなければなりません。

この場合、施設利用契約に基づく安全配慮義務、工作物責任等が問題となります。名古屋地裁は、平成13年12月26日判決で、鈴鹿サーキット国際レーシングコースで起きた死亡事故について、サーキット場の損害賠償責任を否定しています。

上記判決が全ての事例に当てはまるわけではなく、事案毎の判断になりますが、今回はどうでしょうか。

サーキット場での走行は、それ自体危険な行為です。参加される方は、ご家族等のこともお考えの上、安全に走行されるよう祈ります。

チャイルドシート不使用は死傷率が高い。

2005年09月01日

警察庁と社団法人日本自動車連盟(JAF)がまとめたチャイルドシート使用状況 <http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku48/child.pdf>によると、

チャイルドシートの使用率は49.1%

チャイルドシート不使用の場合、致死率は使用の場合の約4.1倍

死亡重傷率は使用の場合の約2.2倍

だそうです。

交通事故損害賠償事件を多数扱っていると、つくづく思いますが、交通事故は、予想して起こるものではありません。まさか事故になど遭わないだろうと思っているところに突然起こります。

大切なお子様を悲惨な目にあわせないため、必ずチャイルドシートをするようにしましょう。

MEGUMIさんが交通事故

2005年09月01日

ニュースによると、タレントのMEGUMIさんが、7月18日に交通事故に遭って腰を強打し、入院しているそうです。マネージャー運転の車に乗車中に追突されたそうです。

追突ということですが、信号待ち等で停止中の追突事故であれば、過失割合は100対0です。動いていると過失割合が変動します。

傷病名は不明です。入院していますし、初期診断は「腰椎捻挫」でしょうか。長引く可能性もありますね。ヘルニアの萌芽があれば事故による外傷で発現することもあるし、そうでなくても場合によっては後遺障害が残ることもあり得ます。

後遺障害というのは、簡単に言うと、それ以上治療を継続しても治療効果があがらなくなってしまった障害が残ることを言います。ただ、画像上の異常所見も神経学的な所見もない軽い後遺障害であれば治ることも多くあります。

停止中の交通事故は、全く自分に過失がないのに発生します。こわいですね。

  • 症状別・部位別解決実績
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
 部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故