最新解決実績 | 交通事故・慰謝料増額の弁護士相談なら|弁護士による交通事故SOS - Part 10

交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

【後遺障害】14級9号で約2.24倍に増額

2018年03月05日
hyou-20180305.jpg

54歳男性が、信号のある交差点をバイクで直進中、赤信号無視の直進四輪車に衝突された交通事故です。

被害者は、半月板損傷などの怪我を負い、神経症状の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、14級9号が認定。

保険会社は、被害者に対し、既払い金300万円の他、示談金として、180万6223円を提示しました。

被害者が、示談金の妥当性について、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、弁護士からは、増額可能と判断されたので、依頼。

弁護士が保険会社と交渉したところ、逸失利益で争いになったものの、増額し、最終的に404万6318円で示談解決となりました。

保険会社提示額の約2.24倍に増額したことになります。

お大事に。

20180305.png

【死亡事故】8.61倍に増額

2018年02月26日
hyou-20180226.jpg

74歳女性が、信号機のある交差点で、横断歩道付近を自転車にて横断中、左折自動車に衝突された交通事故です。

被害者は死亡してしまいました。

四十九日が終わった後に、保険会社からご遺族に対し、示談金が提示されました。

その金額は、368万4843円。

死亡前の治療費などで、約1284万円が支払われていたので、合計では約1600万円弱です。

ご遺族が、この金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士の見解によると、増額可能とのことだったので、依頼することにしました。

弁護士と保険会社との交渉で話がつかずに訴訟へ。

最終的には、3175万9356円で解決しました。既払い金をあわせると、約4460万円です。

故人のご冥福をお祈りいたします。

20180226.png

【後遺障害】12級7号で約2.1倍に増額

2018年02月19日
hyou-20180219.jpg

57歳男性が、バイクで直進中、右側の自動車と衝突し、左下腿開放骨折の傷害を負い、関節機能障害の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、12級7号が認定されました。

保険会社は、すでに支払い済みの治療費などを除き、示談金として、397万6893円を提示しました。

被害者は、この金額の妥当性を確認すべく、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。弁護士によると、増額可能である、とのことだったので、依頼。

弁護士が保険会社と交渉し、最終的には裁判基準満額となったために、示談で決着しました。

解決額は、840万6733円であり、保険会社提示額の約2.1倍に増額したことになります。お大事に。

20180219.png

【後遺障害】12級5号で約2.3倍に増額

2018年02月13日
hyou-20180213.jpg

61歳女性が、自転車で交差点を渡ろうとしていたところ、左折車に巻き込まれた交通事故です。

被害者は、外傷性くも膜下出血、鎖骨骨折等の傷害を負い、鎖骨変形の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、12級5号が認定されました。

保険会社は被害者に対し、すでに支払った治療費等の金額を除き、示談金として、365万2657円を提示しました。

被害者は、この金額が妥当なものかどうか、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、弁護士からは、増額可能だろうとの見解が示されたので、依頼。

弁護士が保険会社と交渉した結果、850万円まで増額しましたが、まだ増額可能と判断されたため、裁判を勧めたところ、被害者が示談決着を望んだため、和解としました。

保険会社提示額の約2.3倍に増額したことになります。

お大事に。

20180213.png

【後遺障害】14級で約8倍に増額

2018年02月05日
hyou-20180205.jpg

52歳男性が、自動車を停止中に、後ろから衝突された追突交通事故。

被害者は首と腰のむち打ちの傷害を負い、神経症状の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、神経症状で14級9号が2つ認定され、併合14級となりました。

保険会社は、すでに支払った治療費などの他、示談金として、42万5538円を提示しました。被害者がこの金額が妥当かどうか、ということで、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士からは、増額できるだろう、との意見だったので、示談交渉を依頼することにしました。保険会社は、脊柱管狭窄症の素因減額として3割を主張しましたが、弁護士が交渉した結果、最終的には譲歩し、342万1252円で示談解決しました。

保険会社提示額の約8倍で解決したことになります。

お大事に。

20180205.png

【後遺障害】12級で5.41倍に増額

2018年01月31日
hyou-20180129.jpg

63歳主婦の女性が、自動車で直進していたところ、路外から右折してきた自動車に衝突された交通事故。

被害者は頸椎捻挫等の傷害を負い、神経症状とPTSDの後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、神経症状で14級9号、PTSDで12級の併合12級が認定されました。

保険会社は、すでに支払った治療費などの他、示談金として、110万7280円を提示しました。被害者が、この金額は少なすぎるのではないか、ということで、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士の見解では、増額可能とのことだったので、依頼。弁護士が保険会社と交渉しましたが、保険会社が素因減額等を主張したため交渉は決裂、裁判へ移行しました。

最終的には裁判所により素因減額はない、との前提で和解提案され、600万円で和解決着しました。

保険会社提示額の約5.41倍に増額したことになります。お大事に。

20180129.png

【後遺障害】12級で約2倍に増額

2018年01月22日
hyou-20180122.jpg

57歳男性会社員が、自転車で横断歩道を横断中、右折車に衝突された交通事故。

被害者は、骨折等の傷害を負い、肩の可動域制限の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、機能障害として12級6号が認定されました。

保険会社は被害者に対し、示談金として、505万1441円を提示しました。

被害者は、この金額の妥当性についてみらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、特に逸失利益の増額が可能ということだったので、依頼。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、保険会社としては後遺症は軽減するとして、逸失利益の減額を主張。

最終的には話がまとまって、1020万円で示談解決しました。

保険会社提示額の約2倍に増額したことになります。お大事に。

20180122.png

【死亡事故】約650万円増額

2018年01月15日
hyou-20180115.jpg

85歳女性が、車道を歩行していたところ、後ろから進行してきた自動車に衝突された交通事故。被害者は、亡くなってしまいました。

保険会社は、四十九日が終わった後に、ご遺族に対し、示談金として、1556万1100円を提示しました。

ご遺族は、この示談金額が妥当かどうかわからなかったので、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士からは、過失が大きいものの、まだ増額は可能であろうとの見解が示されたため、依頼。弁護士と保険会社が交渉しましたが、話し合いは決裂し、訴訟へ。

最終的には、2200万円で和解となりました。

保険会社提示額から約650万円増額したことになります。

故人のご冥福をお祈りいたします。

20180115.png

【後遺障害】12級で約4.74倍に増額

2018年01月05日
hyou-20180105.jpg

36歳男性が、信号機のある交差点をバイクで直進中、右折してきた自動車に衝突された交通事故です。

右股関節脱臼骨折等の傷害を負い、機能障害の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、12級が認定されました。保険会社は被害者に対し、示談金として、271万0650円を提示しました。

被害者が、この金額は妥当なものかどうか、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、弁護士からは、提示金額は自賠責基準であり、不当である旨指摘があったので、依頼することにしました。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、保険会社が譲歩しなかっため、提訴。最終的には裁判基準で増額され、1285万2290円で解決しました。

保険会社提示額の約4.74倍に増額したことになります。

お大事に。

20180105.png

【後遺障害】11級7号で約3.49倍に増額

2017年12月25日
hyou-20171225.jpg

53歳女性が、道路の右側を自転車で進行中、対向してきた自動車に衝突された交通事故です。

被害者は、第12胸椎圧迫骨折の傷害を負い、脊柱変形の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、11級7号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、既払い金の他、400万3378円を示談金として提示しました。

被害者は、この金額が妥当かどうか相談するため、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士の見解は「十分増額が可能」ということだったので、依頼。

弁護士と保険会社の示談交渉は決裂して、裁判になりました。

労働能力喪失期間、労働能力喪失率などが争点となりましたが、最終的には、裁判所による和解により解決しました。

解決金額は、1400万円。保険会社提示額の約3.49倍に増額したことになります。

お大事に。

20171225.png
  • 症状別・部位別解決実績
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
 部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故