交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

修理代

交通事故で被害者の自動車が損傷した場合には、修理費相当額が認められます。

全損もしくは修理が著しく困難場合には、事故時の時価相当額と車の売却代金の差額が認められます。

評価損(格落ち損)は、修理しても外観や機能に欠陥を生じ、 または事故歴により商品価値の下落が見込まれる場合に認められる場合があります。

  • 【交通事故の無料相談について】
    クリックすると動画再生します
  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故