交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

【後遺障害12級13号】約18.3倍に増額

2017年01月12日
20170112.jpg

48歳男性が、左脛骨高原骨折の傷害を負う交通事故に遭いました。

治療のかいなく、神経症状の後遺症が残って症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は、12級13号でした。

保険会社は、治療中に支払った既払い金の他、示談金としては、544,700円しか支払えないと通告してきました。

そこで、被害者は自分ではどうにもできず、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

保険会社の主張としては、後遺障害等級はついたが、被害者の年収は下がっていないのだから、仕事に支障はなく、逸失利益は認められない、というものでした。

そこで、弁護士は、粘り強く交渉し、なんとか逸失利益を認めさせ、最終的に、1,000万円で解決しました。

保険会社提示額の約18.3倍に増額したことになります。

お大事に。
20170112.png

【高次脳機能障害】5級で約7900万円獲得

2016年12月01日
20161201.jpg

48歳会社員が、バイクでT字路を右折中、赤信号無視のトラックに衝突された交通事故です。

外傷性脳損傷等の傷害を負い、治療していたところ、高次脳機能障害の症状が出現し、自賠責後遺障害等級5級が認定されました。

等級認定がされたことから、保険会社から被害者宛に示談交渉したいとの意向が示されました。

被害者としては、高次脳機能障害という未知の症状と示談交渉に不安を覚え、みらい総合法律事務所の弁護士に全てを依頼しました。

保険会社は、高次脳機能障害の5級の認定を争ってきたため、弁護士との交渉は決裂し、裁判にもつれ込みました。

裁判では、後遺障害等級5級は適正な等級であるとされ、裁判所の和解勧告に従い、和解で解決しました。

解決金額は、7935万円です。

お大事に。

【後遺症】11級7号で約2.35倍に増額

2016年07月29日
20160722.jpg

48歳女性が、交通事故で第12胸椎圧迫骨折の傷害を負いました。

事故は、交差点近くの道路を自転車で走行中に右側から自動車に衝突されたものです。

自賠責後遺障害等級を申請した結果、11級7号が認定されました。

保険会社は、それまでに約226万円を支払っていましたが、これ以外に、示談金として、525万3912円を提示しました。

被害者は、この金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談。

その結果、弁護士に依頼し、交渉が開始されました。

争点は逸失利益でしたが、弁護士が交渉した結果、最終的に、1237万231円で示談をしました。

保険会社提示額の約2.35倍に増額したことになります。

お大事に。
20160722.png

  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
 部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故