交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

【後遺障害12級13号】約18.3倍に増額

2017年01月12日
20170112.jpg

48歳男性が、左脛骨高原骨折の傷害を負う交通事故に遭いました。

治療のかいなく、神経症状の後遺症が残って症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は、12級13号でした。

保険会社は、治療中に支払った既払い金の他、示談金としては、544,700円しか支払えないと通告してきました。

そこで、被害者は自分ではどうにもできず、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

保険会社の主張としては、後遺障害等級はついたが、被害者の年収は下がっていないのだから、仕事に支障はなく、逸失利益は認められない、というものでした。

そこで、弁護士は、粘り強く交渉し、なんとか逸失利益を認めさせ、最終的に、1,000万円で解決しました。

保険会社提示額の約18.3倍に増額したことになります。

お大事に。
20170112.png

【後遺障害】約7.6倍に増額

2016年12月26日
20161226.jpg

37歳アルバイト兼家事手伝いの男性が、原付バイクを運転中、丁字路交差点で四輪車と衝突した事故です。

被害者は、左股関節脱臼等の傷害を負い、神経症状の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は12級13号でした。

示談交渉では、保険会社は、被害者に対し、これまでに支払った約400万円の他、示談金として100万円を提示しました。

被害者の収入が低いことと、過失が大きいという指摘が示談金が低い理由でした。

被害者が、みらい総合法律事務所の無料相談で、示談金と妥当性について弁護士に相談したところ、増額可能と判断され、委任。

示談交渉が決裂して裁判となり、休業損害、逸失利益、過失相談が争われましたが、最終的には760万円で和解決着しました。

保険会社提示額の約7.6倍に増額したことになります。

お大事に。
20161226.png

【後遺障害12級13号】約3倍に増額

2016年11月27日
20161127.jpg

22歳男性会社員が、自動車を運転中、停止しているところに後ろから追突された交通事故です。

右手三角線維軟骨複合体損傷の傷害を負い、神経症状の後遺障害残って、自賠責後遺障害等級12級13号が認定されました。

保険会社は、被害者に対して、すでに支払った治療費や休業損害の他、示談金として、265万6268円を提示しました。

被害者が、その賠償額が適正かどうか、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士からは、十分増額が可能、と言われたため、依頼。

弁護士と保険会社が交渉をした結果、賠償額は、818万1743円に増額しました。

弁護士は訴訟をすればもっと増額すると予想しましたが、被害者が示談を望んだため、示談解決としました。

保険会社提示額の約3倍に増額したことになります。

お大事に。
20161127.png

  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
 部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故