交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

【後遺障害12級13号】約18.3倍に増額

2017年01月12日
20170112.jpg

48歳男性が、左脛骨高原骨折の傷害を負う交通事故に遭いました。

治療のかいなく、神経症状の後遺症が残って症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は、12級13号でした。

保険会社は、治療中に支払った既払い金の他、示談金としては、544,700円しか支払えないと通告してきました。

そこで、被害者は自分ではどうにもできず、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

保険会社の主張としては、後遺障害等級はついたが、被害者の年収は下がっていないのだから、仕事に支障はなく、逸失利益は認められない、というものでした。

そこで、弁護士は、粘り強く交渉し、なんとか逸失利益を認めさせ、最終的に、1,000万円で解決しました。

保険会社提示額の約18.3倍に増額したことになります。

お大事に。
20170112.png

【後遺障害9級】約670万円の増額

2017年01月10日
20170110.jpg

42歳男性会社員が、バイクで直進中、交差点を右折してきた自動車と衝突した事故です。

被害者は、肩甲骨骨折や足の骨折等の傷害を負い、鎖骨変形、肩関節可動域制限、神経症状等の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、12級5号、10級10号、14級9号の併合9級が認定されました。

保険会社は、既払い金の約750万円を除き、示談金として、963万9635円を提示しました。

被害者が、この金額の妥当性を判断できず、みらい総合法律事務所の弁護士に無料相談しました。

弁護士は増額可能と判断したので、依頼。

保険会社は、後遺障害慰謝料としてわずか100万円を主張していましたが、弁護士が粘り強く交渉し、690万円まで増額しました。

その結果、最終的に、1634万1495円で解決しました。

保険会社提示額の約670万円増額での解決です。

お大事に。
20170110.png

【後遺障害併合11級】約2.16倍に増額

2017年01月05日
20170105.jpg

46歳男性が、自動車を運転中に、路外から出てきた自動車と衝突した事故です。

怪我は、第12胸椎圧迫骨折、頭部挫傷等の傷害でした。

脊柱変形、神経症状等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級11級7号、14級9号の併合11級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、既払い金約470万円の他、示談金として、600万1639円を提示しました。

被害者が、この賠償金が適正かどうか、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士からは、まだ増額可能とのことだったので、交渉を依頼。

弁護士が保険会社と交渉した結果、逸失利益の基礎となる年収や労働能力喪失期間で争いとなりましたが、示談金は、1300万円まで増額しました。

保険会社提示額の約2.16倍で解決したことになります。

お大事に。
20170105.png

【後遺障害併合9級】約2.16倍に増額

2016年12月29日
20161229.jpg

27歳男性が、バイクで直進中、路外に出ようとして右折した四輪車と衝突した事故です。

被害者は、歯科補綴、左橈骨遠位端骨折、左膝蓋骨骨折等の傷害を負い、歯牙障害、左上肢機能障害の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は、歯牙障害10級4号、左上肢機能障害12級の併合9級が認定されましたが、既存障害として歯牙障害11級4号というものでした。

保険会社は、被害者に対し、既払い金約300万円の他、示談金として、738万5741円を提示しました。

被害者は、後遺障害等級が正しいのか、また、それを前提として示談金が妥当なのか、についてみらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士からは、後遺障害自体は正しいが、示談金はもっと増額するだろう、ということだったので、依頼。

弁護士が保険会社と交渉し、逸失利益と慰謝料を引き上げ、最終的に、1600万円で示談解決しました。

保険会社提示額の約2.16倍で解決したことになります。

お大事に。
20161229.png

【後遺障害】約7.6倍に増額

2016年12月26日
20161226.jpg

37歳アルバイト兼家事手伝いの男性が、原付バイクを運転中、丁字路交差点で四輪車と衝突した事故です。

被害者は、左股関節脱臼等の傷害を負い、神経症状の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は12級13号でした。

示談交渉では、保険会社は、被害者に対し、これまでに支払った約400万円の他、示談金として100万円を提示しました。

被害者の収入が低いことと、過失が大きいという指摘が示談金が低い理由でした。

被害者が、みらい総合法律事務所の無料相談で、示談金と妥当性について弁護士に相談したところ、増額可能と判断され、委任。

示談交渉が決裂して裁判となり、休業損害、逸失利益、過失相談が争われましたが、最終的には760万円で和解決着しました。

保険会社提示額の約7.6倍に増額したことになります。

お大事に。
20161226.png

【後遺障害】約2.76倍に増額

2016年12月22日
20161222.jpg

35歳男性が、交通事故に巻き込まれ、腰椎圧迫骨折等の傷害を負いました。

事故は、被害者の自動車が右折のために停止中に、後ろから自動車に衝突されたもので、被害者の過失が0の事案です。

怪我は、結局なおらず、脊柱変形の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、380万2380円を提示しました。

保険会社の主張としては、骨折が軽微であり、逸失利益は認められない(つまり0円)というものでした。

被害者は、保険会社と戦えるかどうか、相談すべくみらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

そして、弁護士に依頼し、裁判を起こすことになりました。

裁判でも、保険会社は、逸失利益は0円、と主張しましたが、結果的には被害者側弁護士に主張が認められ、1050万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.76倍で解決したことになります。

お大事に。
20161222.png

【後遺障害】約4倍に増額

2016年12月19日
20161219.jpg

51歳男性が、交通事故に遭い、肩に傷害を負って、鎖骨変形の後遺症が残った事故。

事故の状況は、自転車で直進中、対向車線から右折で路外に出る自動車にはねられたというものです。

後遺症については、自賠責後遺障害等級12級5号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、271万0410円を提示しました。

被害者は、この金額に不満を持ち、みらい総合法律事務所の弁護士に解決を依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉したところ、保険会社の主張としては、鎖骨変形は、仕事に支障はないのではないか、というものでした。

しかし、弁護士の交渉により、最終的には保険会社側が譲歩し、逸失利益を大幅に増額し、1110万4086円で解決しました。

保険会社提示額の約4倍に増額したことになります。

お大事に。
20161219.png

【後遺障害】約2.3倍に増額

2016年12月15日
20161215.jpg

34歳男性が、バイクで右折して路外に出るところを直進中の自動車と衝突する交通事故に遭いました。

治療のかいなく、手首に可動域制限の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級12級6号が認定されました。

事故状況から考えて、被害者の過失が大きく、保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、316万9597円を提示しました。

被害者は、この金額が妥当かどうか判断できなかったため、みらい総合法律事務所の弁護士に無料相談しました。

弁護士からは、増額可能だろうと言われたので、依頼しました。

逸失利益が争点となりましたが、最終的には、逸失利益および慰謝料が増額となり、739万0234円で解決しました。

保険会社提示額の約2.3倍に増額です。

お大事に。
20161215.png

【後遺症】約2.85倍に増額

2016年12月12日
20161212.jpg

44歳男性が、右母指MP関節尺側靱帯損傷の傷害を負う交通事故に遭いました。

事故は、被害者が自転車で直進中、路外に出る自動車に衝突されたものです。

治療のかいなく、被害者には、後遺症が残り、自賠責の後遺障害等級10級7号が認定されました。

保険会社は、すでに支払い済みの約237万円の他、示談金として、699万4241円を提示しました。

被害者は、この金額に納得できず、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

保険会社とは話し合いがつかず、裁判となりました。

裁判では、付き添い費や逸失利益、物損金額などが争点となりましたが、ほぼ被害者側の主張が認められ、最終的に2000万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.85倍に増額したことになります。

お大事に。
20161212.png

【遷延性意識障害】約2400万円の増額

2016年12月08日
20161208.jpg

70歳男性が、交通事故で脳挫傷等の傷害を負いました。

事故は、被害者が横断歩道を横断しているときに自動車にはねられたものです。

すぐに救急車で病院に搬送されましたが、意識が戻ることはなく、遷延性意識障害となりました。

自賠責の後遺障害等級は、1級1号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、4505万3820円を提示しました。

この金額が妥当かどうか確認するため、被害者の親族がみらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士からは、増額可能との意見が出されたので、依頼。

弁護士が訴訟を起こし、将来看護費などの立証に尽くした結果、最終的に、6950万円で解決しました。

お大事に。
20161208.png

  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
 部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画