みらい総合法律事務所弁護士による交通事故SOS

死亡事故に詳しい弁護士がご遺族の負担を軽減し、正当な慰謝料を獲得します

みらい総合法律事務所は、増額なければ弁護士報酬はいただきません
ご相談、着手金についても原則として無料です。

報酬は完全成功報酬制。
これまで当事務所は、多数の交通死亡事故で増額を勝ち取っています

年代 保険会社
からの提示
弁護士に
依頼した結果
80代 1,919万6,076円 2,800万円
70代 2,586万4,251円 4,500万円
60代 1,550万6,009円 3,000万円
50代 3,000万5,050円 5,150万5,050円
40代 3,422万3,648円 5,858万8,468円
30代 654万8,981円 1,825万8,126円
20代 6,171万5,418円 9,500万円
10代 5,893万5,303円 8,835万6,954円
8歳 4,946万5,400円 6,000万円

弁護士に依頼することで慰謝料が増額した事例

事例117歳女性の死亡事故で
弁護士事務所を変更して示談交渉。
約3,000万円増額した事例。

事例221歳学生の死亡事故で
加害者の速度超過を主張立証。
示談金額3,300万円増額した事例。

事例379歳女性の死亡事故で示談交渉
示談金額4,000万円で解決。
約2倍に増額した事例。

弁護士費用

相談料・着手金0円。保険会社提示額から増額できなければ、報酬はいただきません。
以下の画面をクリックすると解説動画を視聴できます。

交通事故被害者の方は、
相談料・着手金が原則として無料です。

無料相談について
相談料は無料(0円)です。
着手金について
ただし、被害者等の任意保険に弁護士費用特約がある場合には、その範囲内で(依頼者にご負担がない範囲内で)着手金が発生する場合があります。依頼者からは原則としていただきません。

保険会社の提示額から増額できなければ
弁護士報酬はいただきません。

【1】通常の場合
獲得金額(自賠責含む)の11%(消費税込)

訴訟をして、判決までいく場合には、通常賠償金額の10%程度の弁護士費用が賠償額に上乗せされますので、弁護士費用を加害者にある程度負担させられる場合があります。
「獲得金額」は、「増額した金額」ではなく、実際に獲得した金額となります。

例)賠償金として1,000万円獲得した場合
1,000万円 × 11%=110万円(消費税込)

【2】弁護士費用特約がある場合
保険会社と協議の上、別途報酬を取り決める場合があります。

【3】提示額から増額できなかった場合
報酬は原則として0円です

【4】事案によっては上記報酬で受任できない場合があり、その場合は別途ご提示する報酬金額でお受けする場合があります。
実費について
示談交渉の場合には出張がある場合や刑事記録を取得する場合を除き、通常かかりません
実費は主に訴訟提起の場合の印紙代等です。
(右の表をご参照ください)

印紙代の資金もない場合には、自賠責への被害者請求をすれば、
ある程度の資金(上限4,000万円)を確保できますので、その後で訴訟提起をすれば、資金的には大丈夫でしょう。

弁護士費用特約に加入の場合は、
最大300万円の補償があります。

「弁護士費用特約」がついていると、保険会社が弁護士費用のうち、最大300万円を補償してくれる場合があります。 被害者本人、同居の親族、未婚の場合は別居の両親の任意保険が適用される場合がありますので、ぜひご確認ください。
中途解約について
契約後事件が終了するまでは中途解約が可能です。しかし、弁護士の責に帰することのできない事由で弁護士を解任したとき、弁護士の同意なく依頼事件を終結させたとき、又は故意若しくは過失で依頼事件の処理を不能にしたときは、弁護士の事件処理が成功したものとして、報酬金相当額を違約金としてお支払いいただきます。
保険会社は、必ずしも適正金額を示談金として
提示してくるわけではありません。
あなたが低い示談金で損をしないために
示談の前には必ず弁護士の無料相談をご利用ください。

被害者参加サポート

加害者の刑事事件に被害者のご遺族が参加できる「被害者参加制度」があります。
加害者の刑事事件に参加して意見などを述べる手続きです。

私達に示談交渉をご依頼いただいた場合には、被害者参加のサポートもさせていただきます。

なぜ弁護士に依頼すると交通死亡事故の慰謝料が増額するのか?

被害者の方やご遺族としては、交通事故により精神的、肉体的に大きな苦痛と損失を被っています。
ですから、交通事故の示談交渉などできればやりたくない、早く解決してしまいたい、と思われる方がほとんどでしょう。

しかし、示談交渉が遅々として進まない、なかなか示談を成立できない、ということがよく起きてしまいます。

それにはさまざまな理由があるのですが、もっとも大きな理由として加害者側の任意保険会社(加害者が任意保険に加入している場合)が、被害者の方が納得できないような低い金額の損害賠償金を提示してくることがあげられます。

保険会社は営利法人ですから、利益の追求のために活動しています。 収入を増やし、支出を減らすことができれば利益が上がります。

そのため、被害者の方が受け取るべき金額の2分の1や3分の1、場合によっては10分の1やそれ以下という慰謝料を自賠責基準や任意保険基準で計算して提示してくるのです。

みらい総合法律事務所では、年間1000件以上のご相談をいただいており、死亡事故と後遺症が残る事案に注力して日々、専門性を高めています。

ところで、なぜ交通事故の問題解決で弁護士が必要なのかというと、主に次のことがあげられます。

・被害者の方が示談交渉から解放されストレスが軽減されるから
慰謝料などの増額が実現できるから

被害者の方とご家族は、交通事故によってさまざまな苦痛、損害を被っているのですから、これ以上の苦しみを味わう必要はないのです。

ですから、示談交渉は交通事故に強い弁護士に任せてしまうという選択も、ぜひ検討してください。

お客様の声

自分の為にちゃんと「弁護」してもらっているという気持ちが強く、精神的に心強かったです(Y様)

相談しに行ったこと、依頼したこと、本当によかったです。(K様)

思っていた以上に短期間に、金額的にも予想を遙かに上回る結果を出して頂きました。(N様)

真剣に話を聞いてくださり、また一生懸命に考えてくださったおかげです(F様)

本当に我が家の事情を良く理解して頂いて、家族に負担が少しでも軽く、そしてわかりやすく説明をして頂き、安心してお任せできました。(H様)

選ばれる理由

以下の画面をクリックすると解説動画を視聴できます。

交通事故の被害者からの
年間相談件数1,000件以上

私たちは年間1,000件以上の交通事故に関するご相談を受け、常時100件以上の事件を処理し続けております
その過程で蓄積された、交通事故に関する膨大な知識とノウハウがあります。
また、みらい総合法律事務所は交通事故事案の中でも後遺症と死亡事故に特化していますので、その専門的知識の高さやノウハウに自信を持っています。

テレビ・新聞・雑誌の取材実績多数

みらい総合法律事務所の弁護士は、「報道ステーション」(テレビ朝日)、「Mrサンデー」(フジテレビ)生出演の他、マスメディアから取材を多数受けております
これは、私たちの実績が評価されたものと自負しております。

交通事故の専門書を多数執筆し、
高度な専門性がある

交通事故の訴訟においては、高度な専門知識と経験が必要とされます。
みらい総合法律事務所では、多数の複雑な事案を解決してきており、その実績と経験に基づいた書籍を出版しております。
  • 「交通事故訴訟における脊髄損傷と損 害賠償実務」(ぎょうせい)
  • 「交通事故訴訟における典型後遺障害 と損害賠償実務」(ぎょうせい)
  • 「交通事故訴訟における高次脳機能障 害と損害賠償実務」(ぎょうせい)
  • 「弁護士がきちんと教える交通事故示 談と慰謝料増額」(あさ出版)
  • 「交通事故被害者のための損害賠償交 渉術」(同文館出版)

弁護士歴25年以上の経験とノウハウ

みらい総合法律事務所代表パートナーの谷原誠弁護士は、平成6年4月に東京弁護士会に登録した弁護士であり、25年以上にわたる豊富な経験があります。

相談料0(何度でも無料)

交通事故の後遺症事故の被害者および死亡事故被害者のご遺族からのご相談は何度でも0円です。みらい総合法律事務所は被害者の方の悩み・不安が少しでも解消できる体制を整えています。

着手金0(弁護士費用特約のある場合を除く)

被害者の方が「入院費負担などで経済的に初期負担を捻出するのが困難なため依頼することができない」ということがないよう、死亡事故と重傷事案の場合、初期費用は原則として0円で仕事に着手します。
ただし、弁護士費用特約がある場合は、保険の範囲内でいただく場合がありますが、死亡事故と重症事案の場合、原則として被害者の負担は0円です!

増額しなければ、弁護士報酬0

私たちは、死亡事故と重傷事案では、被害者救済を徹底する理念から、賠償金を増額できてはじめて報酬をお支払いいただくシステムを原則としています。
増額しない場合、つまり依頼者にメリットがない場合には、私たちの報酬は0円です。

事務所概要

代表パートナー プロフィール

谷原誠
平成3年明治大学法学部卒業
平成3年司法試験合格
平成6年弁護士登録
平成13年東京弁護士会常議員・代議員

著書

共  著「交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務」(ぎょうせい)
共  著「交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務」(ぎょうせい)
共  著「交通事故訴訟における典型後遺障害と損害賠償実務」(ぎょうせい)
共  著「弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額」(あさ出版)
共  著「交通事故被害者のための損害賠償交渉術」(同文館出版)
単独著書「人生を思い通りに変える51の質問」(角川書店)
単独著書「人を動かす質問力」(角川書店)
単独著書「するどい『質問力』!」(三笠書房)
単独著書「弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術」(日本実業出版社)

その他約30冊

テレビ出演


その他多数

弁護士紹介

弁護士法人みらい総合法律事務所
東京オフィス

〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目3番 麹町プレイス2階
TEL 0120-962-886(平日10:00~17:30)
(夜間・休日は、受付センターでのご対応となります)