みらい総合法律事務所弁護士による交通事故SOS

交通事故の示談金・慰謝料が、被害者にとって
適正な金額かどうか知りたい場合は、
まずは、交通事故を専門とする弁護士に相談することです。

みらい総合法律事務所は、死亡事故・後遺障害に専門特化し、
被害者救済に力をいれています。お気軽にご相談下さい。

交通事故でこのようなお悩みはないでしょうか?

交通事故を解決するには、ある程度の知識が必要です。
まずは、被害者が知らないと損をしてしまう知識を網羅した
無料小冊子をダウンロードしておきましょう

弁護士に依頼することで慰謝料が増額した事例

死亡事故で1.300万円増額した事例

ご遺族が保険会社と金額交渉を行うことに苦痛を感じ、
みらい総合法律事務所へご相談
事案死亡事故
保険会社提示額 35,436,945円
解決額 48,700,000円
48歳男性が交通事故で死亡しました。
保険会社は、遺族に対し、損害賠償金として、35,436,945円を提示しました。

被害者のご遺族は、保険会社と金額の交渉を行うことに苦痛を感じ、みらい総合法律事務所の無料相談を利用。増額が見込めると判断されたため、解決まで弁護士に委任することにしました。

弁護士が保険会社と交渉を行いましたが、話し合いがつかなかったため、提訴しました。
主に逸失利益と慰謝料が争いとなりましたが、最終的に当事務所弁護士の主張が認められ、48,700,000円で解決しました。
約1,300万円増額したことになります。

後遺障害等級2等級アップで2.2倍に増額した事例

保険会社の提示金額を疑問に思い、
みらい総合法律事務所へご相談
事案重症事故
保険会社提示額 13,620,866円
解決額 30,516,080円
45歳男性が交通事故により傷害を負い、下肢短縮障害の後遺症を残して症状固定しました。 自賠責後遺障害等級の申請をしたところ、下肢短縮障害で10級8号に認定されました。
保険会社は、被害者に対し、示談金として、13,620,866円を提示しました。

被害者は、保険会社の提示金額が適正な金額であるかどうか疑問に思い、みらい総合法律事務所へ相談。

被害者の後遺障害の内容について、長管骨変形の後遺症が見落とされている可能性があると指摘。
弁護士が自賠責に異議申立を行ったところ、長管骨変形で12級8号が認定され、後遺障害等級もアップして、併合で8級に認定されました。
その後、保険会社と交渉を行いましたが、話し合いがつかなかったため、提訴しました。

最終的に、30,516,080円で解決しました。
約2.2倍に増額したことになります。

示談金額9,300万円増額で約3倍に増額!

提示された示談金の妥当性を確認するため、
みらい総合法律事務所へご相談
事案併合2級(脊髄損傷5級・下肢切断5級)
保険会社提示額   52,695,937円
解決額 145,900,000円
47歳男性が交通事故により、脊髄損傷、下肢切断等の傷害を負い、後遺症を残して症状固定しました。
被害者が自賠責後遺障害等級を申請したところ、脊髄損傷で5級、下肢切断で5級の併合2級が認定されました。保険会社は、被害者に対し、示談金として、52,695,937円を提示しました。

金額も大きく、この金額が妥当かどうか確認するために、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。
弁護士の見解では、増額可能とのことだったので、依頼。

弁護士が交渉するも、保険会社が増額に応じなかったため、提訴。
最終的には、1億4590万円で解決しました。
特に、慰謝料は、裁判基準では2370万円のところ、ひき逃げであったことも考慮され、2600万円が認められました。
保険会社提示額から約3倍、9300万円の増額です。

みらい総合法律事務所の解決実績はこちら

  • 死亡事故
  • 高次脳機能障害
  • 脊髄損傷
  • その他後遺症
その他、遷延性意識障害・脳挫傷・脊椎圧迫骨折・手足切断などの後遺症の解決実績も豊富です。
まずはご相談ください。
該当箇所をクリックすると解決実績ページを表示します。
  • 脳
  • 目
  • 耳
  • 口
  • 鼻
首・腰 脊髄・体幹 下肢・足指 胸腹部臓器 鎖骨・骨盤骨 上肢・手指
交通事故の示談金・慰謝料が、被害者にとって
適正な金額かどうか知りたい場合は、
まずは、交通事故を専門とする弁護士に相談することです。

みらい総合法律事務所は、死亡事故・後遺障害に専門特化し、
被害者救済に力をいれています。お気軽にご相談下さい。

お客様の声

進捗のご連絡もわかりやすく丁寧でした。(C様)

弁護士に依頼することに対して、不安だった点や疑問だった点を教えてください。

弁護士の先生にお願いすることで、大きな問題に発展したり、家族に迷惑がかからないか心配でした。

当事務所に依頼後、示談または裁判に至るまでの心境はいかがでしたでしょうか?

依頼させていただく前に、岩本先生から充分なご説明がありましたので安心しておりました。進捗のご連絡もわかりやすく丁寧で、ご担当いただいた方が岩本先生で良かったと思いました。

解決後、現在に至るまでのご感想をお聞かせください。

有名な事務所ですので、依頼の数も多く、もしかすれば解決までに時間がかかるのではないか、裁判になった場合、どれくらい費用がかかるのか、と依頼前に悩んでおりましたが、杞憂でした。

その他ありましたら、ご自由にお書きください。

今回の案件は私の状況からして難しいものだったと思います。岩本先生にお願いしていなければなかった結果です。裁判も念頭に一応の準備はしておりましたが、やはり不安ですし、元の勤務先にも迷惑がかかるので、示談で解決していただいたことに感謝しております。
普段の生活では弁護士の先生とは縁が薄いですが、今後、自分で解決できないようなことが起きた時は、また先生に助けていただければありがたいです。
このたびはどうもありがとうございました。

自分の為にちゃんと「弁護」してもらっているという気持ちが強く、精神的に心強かったです(Y様)

弁護士に依頼することに対して、不安だった点や疑問だった点を教えてください。

こちらにお願いする前に、日弁連の交通事故相談センターに行ったのですが、まるで当方に事故の責があるかの様なことを言われ、正直「弁護士」そのものに少なからず不信感を持って伺いました。

当事務所に依頼後、示談または裁判に至るまでの心境はいかがでしたでしょうか?

正直、最初の三ヶ月(相手方保険会社の交渉期間)はただ「お願いしているだけ」という感覚でしたが、裁判が始まってからは、とても頼りになると言うか、自分の為にちゃんと「弁護」してもらっているという気持ちが強く、精神的に心強かったです。

解決後、現在に至るまでのご感想をお聞かせください。

お願いする前に、加害者や相手方保険会社に対する不満がかなりあったのですが、そのあたりも含めて、ほぼ全て私の考えを通して頂いて、良い結果に導いて頂いたのでとてもすっきりしました。
金額だけでなく、気持ちの面まで救われたのでとても感謝しております。

その他ありましたら、ご自由にお書きください。

谷原先生には豊富な知識と経験で最良の結果を出していただいたことで、とても有難く思います。 また前田先生には八王子、立川と遠方まで足を運んでいただき、また夜遅くまでの書類作成や当方への連絡など、お忙しい中、ありがとうございました。 怪我の方も痛みは残りましたが、だいぶ慣れ、日常ではあまり気にならない程度までになりました。
前田先生に裁判の前に事務所のエレベーターの前で「徹底的にやって下さい」ってお願いしたのを覚えていらっしゃるでしょうか?
これからも被害者の為に徹底的に戦って下さる弁護士であって頂けたらと思います。
月並みな文言になりますが、今後もお体に気をつけて先生方と事務所のご活躍を願っております。

相談しに行ったこと、依頼したこと、本当によかったです。(K様)

当事務所に依頼後、示談または裁判に至るまでの心境はいかがでしたでしょうか?

本当に初日に概算提示された保険金が取れるのか?なかなか話しがまとまらず、裁判になったらどうしよう、相手の保険屋から何か言われないか?

解決後、現在に至るまでのご感想をお聞かせください。

まず、相談しに行ったこと、依頼したこと、本当によかった。面談時やメールのやり取りも良かった。今もまだ鈍痛がありますが、高額な保険金を受けることが出来、とても感謝しています。

書類の書き方から手順、専門用語に至るまで、とても丁寧にわかりやすくご説明いただきました。(N様)

当事務所に依頼後、示談または裁判に至るまでの心境はいかがでしたでしょうか?

書類の書き方から手順、専門用語に至るまで、とても丁寧にわかりやすくご説明いただき、安心してお任せできましたし、何よりもとても心強かったです。

解決後、現在に至るまでのご感想をお聞かせください。

基本的に”裁判をすることなく短期間での増額”ということでお願いしましたが、思っていた以上に短期間に、金額的にも予想を遥かに上回る結果を出して頂きました。
これは弁護士さんのお力をお借りしなければけして出せなかった結果だと思っています。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

即日状況についてヒアリングいただいたので安心しました。(F様)

弁護士に依頼することに対して、不安だった点や疑問だった点を教えてください。

後遺障害のレベル度判断ができず、受任していただけるか不安でしたが、即日状況についてヒアリングいただいたので安心しました。

当事務所に依頼後、示談または裁判に至るまでの心境はいかがでしたでしょうか?

裁判の期間が長いほど、相手側が何を主張しているのか気になりました。送っていただいた書面を見て、都度安心しました。

解決後、現在に至るまでのご感想をお聞かせください。

交通事故への悪い思いがずっと続くと思っていましたが、今は悪い方向に考えず、良い方向へ考えるようになりました。
事故現場を通り過ぎても大丈夫です。本当にありがとうございました。

丁寧に親切に説明もして頂き安心できました。(H様)

弁護士に依頼することに対して、不安だった点や疑問だった点を教えてください。

本当に我が家の事情を良く理解して頂いて、家族に負担が少しでも軽く、そしてわかりやすく説明して頂き、安心してお任せできました。結果も本当に納得のいく結果になり、ありがたいと思っています。

当事務所に依頼後、示談または裁判に至るまでの心境はいかがでしたでしょうか?

丁寧に親切に説明もして頂き、安心できました。

解決後、現在に至るまでのご感想をお聞かせください。

本人は良く理解できていませんが、すべて本人の将来のためと思っていましたので、姉貴が今後のためと考えて力を尽くしていただいたと思っています。感謝しています。

その他ありましたら、ご自由にお書きください。

交通事故という思いもよらないことが起こった時どうすればいいのか、その後、特に若い時事故にあった時のその後の生活がこの弁護士さんの対応で大きく変わると思います。本当にありがとうございました。

弁護士に依頼するメリット

以下の画面をクリックすると解説動画を視聴できます。

交通事故損害賠償額3つの基準とは?

自賠責基準

運転者が強制的に加入しなければならない自賠責保険から支払いを受けられる金額を基準とするもので、金額はもっとも低くなります。
任意保険会社は、よくこの自賠責基準による金額を示談案として示すことがありますが、それは自賠責基準の範囲内であれば、任意保険会社が自賠責から支払いを受けることができるので、自らの出費を抑えることができるからです。
自賠責基準によって安易に示談をしないように注意が必要です。

任意保険会社基準

各任意保険会社における支払基準のことで、自賠責基準のような法的な拘束はなく、あくまで社内基準です。
おおむね、自賠責基準と後述の弁護士基準の間で設定されているといえます。
そのため、保険会社の担当者が「当社の基準の限界まで出させてもらいました」と言っても、これは裁判をした場合に認められる金額より少ないのが通常ですから、任意保険基準によって安易に示談をしないように注意してください。

裁判基準

裁判をした場合に見込まれる金額による支払基準のことで、これが本来の適正な賠償基準となるので、被害者としては、この基準に基づき請求をしてゆくことになります。
弁護士基準は、裁判所を拘束するものではないため、増額する可能性もあります

弁護士に依頼するメリット

交通事故に関する高度な専門性を有している
ので、保険会社との示談交渉がスムーズに進む

相手方の保険会社は、交通事故に詳しい知識があり、交渉力があります。
一方、被害者側は、交通事故の知識を有していないため、交渉力に大きな差があります。
交通事故の知識の乏しい被害者は、保険会社から提示された金額を被害者にとって妥当なものと安易に考えないことが大切です。

保険会社とのわずらわしい手続きに
時間と手間をかけずに心理的な負担も軽減される

後遺症などの精神的・肉体的な苦痛の中、長期間にわたり、保険会社とやりとりするのは非常に負担となります。
弁護士に依頼することで、その負担が軽減されます。

弁護士が交渉すると裁判基準で交渉を
スタートできるため、増額が見込める

保険会社は、無限に支払原資があるわけではありませんので、なるべく支払を抑えようする傾向にあります。そのため、任意保険基準が裁判基準よりも低額になります。
経験上、弁護士が入って交渉する、もしくは裁判で争うと損害賠償金が増額されるケースが多いです。

なぜなら、弁護士は初めから裁判を前提とした金額で交渉をスタートするからです。交渉の過程で金額が上がらなければ、弁護士は裁判に持ち込みます。すると、金額は前述のように裁判基準の金額まで上がります。

しかも、裁判となれば相手の保険会社も弁護士に依頼することで費用もかかってきます。であれば、保険会社としては、ある程度のところまで賠償金額を上げて和解したほうがよいだろうという判断になるわけです。
交通事故の示談金・慰謝料が、被害者にとって
適正な金額かどうか知りたい場合は、
まずは、交通事故を専門とする弁護士に相談することです。

みらい総合法律事務所は、死亡事故・後遺障害に専門特化し、
被害者救済に力をいれています。お気軽にご相談下さい。

選ばれる理由

以下の画面をクリックすると解説動画を視聴できます。

交通事故の被害者からの
年間相談件数1,000件以上

私たちは年間1,000件以上の交通事故に関するご相談を受け、常時100件以上の事件を処理し続けております
その過程で蓄積された、交通事故に関する膨大な知識とノウハウがあります。
また、みらい総合法律事務所は交通事故事案の中でも後遺症と死亡事故に特化していますので、その専門的知識の高さやノウハウに自信を持っています。

テレビ・新聞・雑誌の取材実績多数

みらい総合法律事務所の弁護士は、「報道ステーション」(テレビ朝日)、「Mrサンデー」(フジテレビ)生出演の他、マスメディアから取材を多数受けております
これは、私たちの実績が評価されたものと自負しております。

交通事故の専門書を多数執筆し、
高度な専門性がある

交通事故の訴訟においては、高度な専門知識と経験が必要とされます。
みらい総合法律事務所では、多数の複雑な事案を解決してきており、その実績と経験に基づいた書籍を出版しております。
  • 「交通事故訴訟における脊髄損傷と損 害賠償実務」(ぎょうせい)
  • 「交通事故訴訟における典型後遺障害 と損害賠償実務」(ぎょうせい)
  • 「交通事故訴訟における高次脳機能障 害と損害賠償実務」(ぎょうせい)
  • 「弁護士がきちんと教える交通事故示 談と慰謝料増額」(あさ出版)
  • 「交通事故被害者のための損害賠償交 渉術」(同文館出版)

弁護士歴20年以上の経験とノウハウ

みらい総合法律事務所代表パートナーの谷原誠弁護士は、平成6年4月に東京弁護士会に登録した弁護士であり、20年以上にわたる豊富な経験があります。

相談料0(何度でも無料)

交通事故の後遺症事故の被害者および死亡事故被害者のご遺族からのご相談は何度でも0円です。みらい総合法律事務所は被害者の方の悩み・不安が少しでも解消できる体制を整えています。

着手金0(弁護士費用特約のある場合を除く)

被害者の方が「入院費負担などで経済的に初期負担を捻出するのが困難なため依頼することができない」ということがないよう、死亡事故と重傷事案の場合、初期費用は原則として0円で仕事に着手します。
ただし、弁護士費用特約がある場合は、保険の範囲内でいただく場合がありますが、死亡事故と重症事案の場合、原則として被害者の負担は0円です!

増額しなければ、弁護士報酬0

私たちは、死亡事故と重傷事案では、被害者救済を徹底する理念から、賠償金を増額できてはじめて報酬をお支払いいただくシステムを原則としています。
増額しない場合、つまり依頼者にメリットがない場合には、私たちの報酬は0円です。

弁護士費用

相談料・着手金0円。保険会社提示額から増額できなければ、報酬はいただきません。

以下の画面をクリックすると解説動画を視聴できます。

交通事故被害者の方は、
相談料・着手金が無料です。(※)

無料相談について
相談料は何度でも無料(0円)です。
無料相談対象は
①死亡事故
②重傷事案
③後遺障害等級1級~14級

が認定された事案です。
申し訳ございませんが、現在、後遺障害等級非該当はお受けしておりません。
詳しくはこちらをご確認ください
着手金について
ただし、被害者等の任意保険に弁護士費用特約がある場合には、その範囲内で(依頼者にご負担がない範囲内で)着手金が発生する場合があります。依頼者からはいただきません。

※交通事故に関するご相談、ご依頼の場合で、かつ当事務所の受任基準に該当する事案に限ります。
また、被害者等の任意保険に弁護士費用特約がある場合には、ご依頼者にご負担がない範囲内で着手金が発生する場合があります。

保険会社の提示額から増額できなければ
弁護士報酬はいただきません。

みらい総合法律事務所の報酬体系
通常、必要となる弁護士費用(※1)は①相談料・②着手金・③報酬・④実費になります。
みらい総合法律事務所では、被害者の方の負担が少なく済む弁護士報酬基準を定めております。
また、報酬は完全後払い制です。
賠償金獲得後にお支払いいただく形ですので、依頼者の初期費用負担は一切ありません
※1 旧・日弁連報酬等基準の場合。現在でも多くの法律事務所がこの基準を元に弁護士報酬を定めており、代表的(標準的)な費用体系の一つです。
「一般的な弁護士費用の相場」と言えます。
報酬について
提示額から増額できた場合
【1】通常の場合 獲得金額(自賠責含む)の10%(消費税別途)
訴訟をして、判決までいく場合には、通常賠償金額の10%程度の弁護士費用が賠償額に上乗せされますので、弁護士費用を加害者にある程度負担させられる場合があります。
「獲得金額」は、「増額した金額」ではなく、実際に獲得した金額となります。

例)賠償金として1,000万円獲得した場合
1,000万円 × 10%=100万円+消費税

※死亡事故と後遺障害等級12級以上の場合です。それ以外は、【2】の基準となります。

【2】上記の基準では受任できない場合
予想獲得金額が低いと費用倒れになる場合があり、依頼者の利益にならないため受任できない場合があります。
また、増額の可能性がない事案は受任しません。しかし、事案により、異なる報酬体系を取った上で受任できる場合がありますので、まずはご相談ください。

【3】弁護士費用特約がある場合
保険会社と協議の上、別途報酬を取り決める場合があります。
提示額から増額できなかった場合
報酬は0円です ※死亡事故と後遺障害等級12級以上の場合です。
実費について
示談交渉の場合には出張がある場合や刑事記録を取得する場合を除き、通常かかりません。
実費は主に訴訟提起の場合の印紙代等です。
印紙代の資金もない場合には、自賠責への被害者請求をすれば、ある程度の資金(上限4,000万円)を確保できますので、その後で訴訟提起をすれば、資金的には大丈夫でしょう。

弁護士費用特約に加入の場合は、
最大300万円の補償があります。

「弁護士費用特約」がついていると、保険会社が弁護士費用のうち、最大300万円を補償してくれる場合があります。 被害者本人、同居の親族、未婚の場合は別居の両親の任意保険が適用される場合がありますので、ぜひご確認ください。
死亡事故 重症事案
「頭部外傷」
遷延性意識障害 / 脳挫傷 / 硬膜下血腫 / くも膜下出血 /
びまん性軸索損傷 / 高次能機能障害 / てんかん / 四股麻痺 /
上半身麻痺 / 下半身麻痺
「脊髄・脊椎」
脊髄損傷 / 胸椎圧迫骨折 / 腰椎圧迫骨折 / 頸椎圧迫骨折 /
不全損傷
「目・耳・手足」
失明 / 聴力喪失 / 腕指足の切断 / 人工関節置換 /
人工骨頭置換 / 動揺関節 / 睾丸・卵巣喪失 /
非尿禁制型尿路変向術を行ったもの /
尿失禁のため常時パットを装着するもの
後遺障害等級1級~14級が
認定された事案
交通事故の示談金・慰謝料が、被害者にとって
適正な金額かどうか知りたい場合は、
まずは、交通事故を専門とする弁護士に相談することです。

みらい総合法律事務所は、死亡事故・後遺障害に専門特化し、
被害者救済に力をいれています。お気軽にご相談下さい。

事務所概要

私たちは、交通事故の「被害者」 からの民事での損害賠償請求事件を専門的に扱っています。1年間に1000件以上もの相談が寄せられており、豊富な知識と経験が蓄積されています。

交通事故の事件は、法律分野でも少し特殊な知識が必要となる分野です。弁護士によって主張・立証の優劣が出てきます。

私たちは、交通事故損害賠償に関する専門書籍を複数執筆し、かつ常時100件を超える交通事故の事件を解決し続けています。

事務所内での情報交換や研究会も開催し、全員が真剣に交通事件処理に取り組んでいます。
川口園児4人死亡事故その他マスコミで話題になった著名な事件の被害者側代理人なども務め、テレビを始めとするマスコミからも交通事故の専門家として取材を受けています。

私たちは、『交通事故被害者に最高の賠償を!』をモットーに、
常に努力しつづけています。ぜひ、一度ご相談ください。

代表パートナー プロフィール

谷原誠
平成3年明治大学法学部卒業
平成3年司法試験合格
平成6年弁護士登録
平成13年東京弁護士会常議員・代議員

著書

共  著「交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務」(ぎょうせい)
共  著「交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務」(ぎょうせい)
共  著「交通事故訴訟における典型後遺障害と損害賠償実務」(ぎょうせい)
共  著「弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額」(あさ出版)
共  著「交通事故被害者のための損害賠償交渉術」(同文館出版)
単独著書「人生を思い通りに変える51の質問」(角川書店)
単独著書「人を動かす質問力」(角川書店)
単独著書「するどい『質問力』!」(三笠書房)
単独著書「弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術」(日本実業出版社)

その他約30冊

テレビ出演


その他多数

弁護士紹介

弁護士法人みらい総合法律事務所
東京オフィス

〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目3番 麹町プレイス2階
TEL 0120-962-886(平日10:00~18:00)
(夜間・休日は、受付センターでのご対応となります)



静岡オフィス
静岡県静岡市葵区伝馬町1-2
ホテルシティオ静岡3F-3


大きな地図で見る


交通事故の示談金・慰謝料が、被害者にとって
適正な金額かどうか知りたい場合は、
まずは、交通事故を専門とする弁護士に相談することです。

みらい総合法律事務所は、死亡事故・後遺障害に専門特化し、
被害者救済に力をいれています。お気軽にご相談下さい。

ご相談の流れ

以下の画面をクリックすると解説動画を視聴できます。

電話またはメールでお問い合わせ

交通事故の状況やご相談内容などをお伺いし、面談相談日時を決定いたします。
不安なこと、わからないことなど、お気軽にお問い合わせください
無料相談対象は
①死亡事故
②重傷事案
③後遺障害等級1級~14級

が認定された事案です。
申し訳ございませんが、現在、後遺障害等級非該当はお受けしておりません。
詳しくはこちらをご確認ください

ご相談・アドバイス

弁護士がお話をお伺い致します。お客様が請求できる賠償額の算定、保険会社からの提示額の妥当性などについて、弁護士がアドバイス致します。
相談対象の事案については、完全無料相談です。お気軽にどうぞ。

ご契約・保険会社との交渉開始

交通事故の示談金・慰謝料が、被害者にとって
適正な金額かどうか知りたい場合は、
まずは、交通事故を専門とする弁護士に相談することです。

みらい総合法律事務所は、死亡事故・後遺障害に専門特化し、
被害者救済に力をいれています。お気軽にご相談下さい。