交通事故・慰謝料を増額する相談なら|弁護士による交通事故SOS

TEL
ご相談フォーム

【後遺症】約2.85倍に増額

2016年12月12日
20161212.jpg

44歳男性が、右母指MP関節尺側靱帯損傷の傷害を負う交通事故に遭いました。

事故は、被害者が自転車で直進中、路外に出る自動車に衝突されたものです。

治療のかいなく、被害者には、後遺症が残り、自賠責の後遺障害等級10級7号が認定されました。

保険会社は、すでに支払い済みの約237万円の他、示談金として、699万4241円を提示しました。

被害者は、この金額に納得できず、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

保険会社とは話し合いがつかず、裁判となりました。

裁判では、付き添い費や逸失利益、物損金額などが争点となりましたが、ほぼ被害者側の主張が認められ、最終的に2000万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.85倍に増額したことになります。

お大事に。
20161212.png

【遷延性意識障害】約2400万円の増額

2016年12月08日
20161208.jpg

70歳男性が、交通事故で脳挫傷等の傷害を負いました。

事故は、被害者が横断歩道を横断しているときに自動車にはねられたものです。

すぐに救急車で病院に搬送されましたが、意識が戻ることはなく、遷延性意識障害となりました。

自賠責の後遺障害等級は、1級1号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、4505万3820円を提示しました。

この金額が妥当かどうか確認するため、被害者の親族がみらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士からは、増額可能との意見が出されたので、依頼。

弁護士が訴訟を起こし、将来看護費などの立証に尽くした結果、最終的に、6950万円で解決しました。

お大事に。
20161208.png

【後遺障害】12級6号で0円→1250万円に増額

2016年12月05日
20161205.jpg

41歳男性会社員が、バイクで交差点を進行中、右折自動車に衝突された交通事故です。

被害者は、右肩腱板断裂の傷害を負い、右肩に可動域制限の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級12級6号が認定されました。

保険会社は、すでに300万円程度支払いがなされており、これ以上払うものはない、として、支払いを拒絶しました。

被害者としては、どうすることもできず、みらい総合法律事務所の弁護士に相談し、依頼。

弁護士が交渉するも、保険会社は約300万円程度しか支払わないという態度だったので、提訴。

裁判では、逸失利益と過失割合が争点となりましたが、特に過失については実況見分調書を被害者側に有利に認定されました。

最終的には、1250万円で解決しました。

保険会社から支払いを拒絶された事案で、1250万円を獲得したことになります。

お大事に。
20161205.png

【高次脳機能障害】5級で約7900万円獲得

2016年12月01日
20161201.jpg

48歳会社員が、バイクでT字路を右折中、赤信号無視のトラックに衝突された交通事故です。

外傷性脳損傷等の傷害を負い、治療していたところ、高次脳機能障害の症状が出現し、自賠責後遺障害等級5級が認定されました。

等級認定がされたことから、保険会社から被害者宛に示談交渉したいとの意向が示されました。

被害者としては、高次脳機能障害という未知の症状と示談交渉に不安を覚え、みらい総合法律事務所の弁護士に全てを依頼しました。

保険会社は、高次脳機能障害の5級の認定を争ってきたため、弁護士との交渉は決裂し、裁判にもつれ込みました。

裁判では、後遺障害等級5級は適正な等級であるとされ、裁判所の和解勧告に従い、和解で解決しました。

解決金額は、7935万円です。

お大事に。

【後遺障害12級13号】約3倍に増額

2016年11月27日
20161127.jpg

22歳男性会社員が、自動車を運転中、停止しているところに後ろから追突された交通事故です。

右手三角線維軟骨複合体損傷の傷害を負い、神経症状の後遺障害残って、自賠責後遺障害等級12級13号が認定されました。

保険会社は、被害者に対して、すでに支払った治療費や休業損害の他、示談金として、265万6268円を提示しました。

被害者が、その賠償額が適正かどうか、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士からは、十分増額が可能、と言われたため、依頼。

弁護士と保険会社が交渉をした結果、賠償額は、818万1743円に増額しました。

弁護士は訴訟をすればもっと増額すると予想しましたが、被害者が示談を望んだため、示談解決としました。

保険会社提示額の約3倍に増額したことになります。

お大事に。
20161127.png

【死亡事故】84歳女性で約700万円増額

2016年11月23日
20161123.jpg

84歳無職の女性が、信号のない交差点を横断中に自動車に衝突された交通死亡事故です。

49日が終わった後、保険会社は、被害者に遺族に対し、示談金として、1839万8149円を提示しました。

遺族は、この示談金額が適正化どうか相談するため、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士の意見によると、家事労働を少ししていたので逸失利益が認められる可能性があり増額可能とのことであったので、依頼。

話し合いでは解決できず、裁判になりましたが、弁護士の主張どおり逸失利益が認められ増額。

最終的に、2500万円で解決しました。

保険会社提示額から約700万円増額したことになります。

故人のご冥福をお祈りいたします。
20161123.png

【死亡事故】62歳主婦で約2倍に増額

2016年11月14日
20161114.jpg

62歳女性の主婦が道路横断中に左から来た四輪車にひかれるという交通死亡事故がありました。

49日が過ぎた後、保険会社は、ご遺族に対し、慰謝料など損害賠償金として、2441万2417円を提示しました。

ご遺族がみらい総合法律事務所に相談した上、全てを弁護士に依頼することになりました。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、過失割合での争いで交渉が長引きました。

しかし、最終的には、保険会社提示額の約2倍である、5072万5738円で解決しました。

故人のご冥福をお祈りいたします。
20161114.png

【死亡事故】7200万円を獲得

2016年11月08日

20161108.jpg

55歳女性会社員が、横断歩道を青信号で横断中、右折車にはねられた交通死亡事故です。

ご遺族である両親は、警察との対応、保険会社との対応など、何もわからないし、全て任せたい、ということで、みらい総合法律事務所にご相談、依頼しました。

弁護士が交渉した結果、保険会社側が裁判基準による金額で応じたため、交渉により解決しました。

示談金額は、7200万円です。

故人のご冥福をお祈りいたします。

【後遺障害】第一腰椎圧迫骨折11級で約3.9倍に増額

2016年11月04日
20161104.jpg

47歳男性が、二輪車で走行中、車線変更してきた四輪車に衝突された事故。

怪我は、第一腰椎圧迫骨折で、治療の結果、脊柱変形で自賠責後遺障害等級11級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、治療中に支払った治療費や休業補償などの他、示談金として、272万6583円を提示しました。

被害者が金額に不満を持ち、みらい総合法律事務所に依頼しました。

みらい総合法律事務所の弁護士が交渉し、逸失利益と慰謝料を増額させた結果、最終的に、1064万8247円で解決しました。

保険会社提示額の約3.9倍に増額したことになります。

お大事に。
20161104.png

【後遺障害】併合10級で4.8倍に増額

2016年10月07日
20161007.jpg

23歳男性が、原付バイクで直進中、停車中の自動車のドアが突然開き、衝突した交通事故。

被害者は、左前腕骨骨折、鎖骨骨折などの傷害を負いました。

機能障害と神経症状の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級10級10号と14級9号の併合10級が認定されました。

保険会社は、示談金として、461万3643円を提示しました。

被害者が、この金額の妥当性がわからず、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士からは、増額可能との意見だったので、依頼。

弁護士と保険会社との間では、休業損害と慰謝料額について争点となりましたが、最終的には増額に成功し、2222万1043円で示談決着しました。

保険会社提示額の約4.8倍に増額したことになります。

お大事に。
20161007.png

  • 【交通事故の無料相談について】
    クリックすると動画再生します
  • 症状別・部位別解決実績
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
喜びの声はこちら
交通事故の弁護士相談はお気軽に
 部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画