交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

【高次脳機能障害5級】45,115,161円で解決

2014年12月28日
hyou-20141228.jpg

49歳会社代表者の男性が、交通事故により、頭部外傷などの傷害を負いました。

高次脳機能障害の後遺症を残して症状固定しました。
自賠責後遺障害等級は、5級が認定。
その段階で、被害者は自力解決は困難と判断し、みらい総合法律事務所に依頼しました。
最終的に、45,115,161円で解決しました。
ご依頼いただいて、良かったと思います。
お大事に。

【後遺症】11級7号で約9.3倍に増額

2014年12月21日
hyou-20141221.jpg

男性会社員が、交通事故により、脊柱圧迫骨折の傷害を負い、脊柱変形の後遺症を残して症状固定しました。

保険会社が、被害者に対し、示談金として、約133万円を提示。
被害者は、この金額は不当と考え、みらい総合法律事務所に依頼しました。
過失割合で争いになって訴訟に発展し、最終的に、12,500,000円で解決しました。
保険会社提示額の約9.3倍に増額したことになります。
ご依頼いただいて良かったと思います。
お大事に。

【死亡事故】約1,000万円の増額

2014年12月15日
20141215.jpg

79歳女性が、交通事故により、死亡しました。

保険会社は、ご遺族に対し、交通事故による死亡損害賠償金として、25,779,181円を提示しました。
ご遺族は、この金額が適正なものかどうかわからないし、また、あまり事故のことを思い出したくないため、みらい総合法律事務所に保険会社との交渉を依頼しました。
結局、話し合いがつかず、訴訟となりましたが、最終的に、36,130,722円で解決しました。
約1,000万円増額したことになります。
故人のご冥福をお祈りいたします。
20141215.jpg

【後遺症11級】神経症状等で約3.7倍に増額

2014年12月01日
hyou-20141201.jpg

29歳男性が、交通事故により頭部外傷等の傷害を負い、神経症状および嗅覚脱失等の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、神経症状で12級、嗅覚脱失で12級の併合11級が認定されました。
保険会社は、被害者に対し、示談金として、4,755,648円を提示しました。
被害者がこの金額に不安をおぼえ、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。
弁護士からは、十分増額が可能という判定を受けたので、依頼。
最終的に、18,000,000円で解決しました。
保険会社提示額から、約3.7倍に増額したことになります。
お大事に。
20141201.jpg

【後遺症10級】脊柱変形等で約9.4倍に増額

2014年11月15日
hyou-20141115.jpg

36歳男性が、交通事故により、脊柱圧迫骨折などの傷害を負い、脊柱変形や神経症状の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、脊柱変形で11級7号、神経症状で12級13号の併合10級が認定されました。
保険会社は、被害者に対し、示談金として、1,243,235円を提示しました。
被害者は、この金額が低いのではないか、と考え、みらい総合法律事務所に相談しました。
その結果、大幅に増額可能と判断し、弁護士に依頼しました。
その結果、最終的に、11,700,000円で解決しました。
お大事に。
20141115.jpg

【脊髄損傷1級】四肢麻痺で2億6500万円獲得

2014年11月08日
20141108.jpg

25歳男性が、交通事故により、頚椎骨折等の傷害を負い、四肢麻痺の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、後遺障害等級1級1号が認定されました。
賠償額が多額となるため、被害者は、みらい総合法律事務所に依頼しました。
高額の賠償金の場合には話し合いがつきにくいため、裁判となり、最終的に、2億6500万円を獲得しました。
お大事に。

【後遺症9級】高次脳機能障害で、約500万円の増額

2014年11月03日
hyou-20141103.jpg

77歳女性が、交通事故により、脳挫傷などの傷害を負い、高次脳機能障害の後遺症を残して症状固定しました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、6,904,334円を提示しました。
被害者は、この金額が妥当かどうかわからず、みらい総合法律事務所に相談しました。
増額の可能性があるとのことだったので、弁護士に依頼。
最終的に、過失割合が争点となりましたが、12,000,000円で解決しました。
約500万円増額したことになります。
お大事に。
20141103.jpg

【後遺症8級2号】頚椎骨折で約3.3倍に増額

2014年10月27日
hyou-20141027.jpg

28歳男性が、交通事故により、頚椎骨折等の傷害を受け、頚椎運動障害の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、8級2号が認定されました。
保険会社は、被害者に対し、示談金として、14,567,773円を提示しました。
被害者は、この示談金額が妥当かどうか確認すべく、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。
その結果、十分増額可能と判断され、弁護士に依頼しました。
最終的に、49,000,000円で解決し、約3.3倍増額しました。
お大事に。
20141027.jpg

【後遺症併合8級】下肢機能障害で800万円の増額

2014年10月22日
hyou-20141022.jpg

24歳男性が、交通事故により、下肢骨折等の傷害を負い、下肢機能障害の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、併合8級が認定。
保険会社との交渉では、示談金として、11,941,066円が提示されました。
被害者は金額が大きく、自分では判断できないので、金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。
弁護士からは、まだまだ増額可能との意見が出たので、依頼しました。
その結果、20,000,000円で解決しました。
約800万円増額したことになります。
お大事に。
20141022.jpg

【後遺症12級13号】神経症状で約2.2倍に増額

2014年10月13日
hyou-20141013.jpg

58歳男性が、交通事故により、左手親指骨折等の傷害を負い、左手親指の神経症状の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、12級13号が認定されました。
保険会社は、被害者に対し、示談金として、4,877,940円を提示しました。
被害者は、この金額が妥当かどうか確認するため、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。
その結果、増額することがわかり、弁護士に依頼し、結果的に、11,000,000円で解決しました。
保険会社提示額の約2.2倍に増額したことになります。
お大事に。
20141013.jpg
  • 症状別・部位別解決実績
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
 部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故