交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

【死亡事故】63歳で約2.25倍に増額

2016年09月02日
20160902.jpg

63歳女性が、横断歩道を歩行中に、右折してきた自動車に衝突された交通死亡事故です。

49日が過ぎてから、保険会社は、ご遺族に対し、示談金として2000万円を提示しました。

ご遺族がみらい総合法律事務所に相談した結果、示談金としては低すぎると判断し、弁護士に依頼しました。

保険会社側の言い分としては、被害者が高齢者のため、逸失利益の計算も低くなるし、慰謝料も下限を提示した、とのこと。

しかし、弁護士が交渉した結果、保険会社は大幅に譲歩し、4500万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.25倍で解決したことになります。

故人のご冥福をお祈りいたします。
20160902.png

【死亡事故】約1800万円の増額

2016年07月22日
20160722.jpg

67歳女性が、道路横断中、四輪車にひかれた死亡事故です。

保険会社は、被害者のご遺族に対し、示談金として、3477万9510円を提示しました。

ご遺族は、この金額は低すぎるのではないか、と考え、みらい総合法律事務所に相談しました。

弁護士から増額可能との助言があり、依頼。

弁護士は、保険会社に対し、本件事故は、酒気帯び運転で、かつ、ひき逃げなので、慰謝料増額事案であると主張して交渉しました。

保険会社は、会社の規定上、慰謝料は増額できないが、逸失利益は増額できる、として、基準金額より600万円増額しました。

そこで、ご遺族とも相談の上、示談。

最終金額は、5300万円。

保険会社提示額の約1800万円増額したことになります。

故人のご冥福をお祈りいたします。
20160722.png

【後遺症】11級で約3倍に増額

2016年02月26日
20160226.png

63歳女性主婦が交通事故に遭い、第3腰椎圧迫骨折の傷害を負い、脊柱変形の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、11級7号が認定されました。
被害者は他の弁護士に依頼し、保険会社と交渉したところ、保険会社からは、既存障害があるとのことで、449万円が提示されました。
依頼した弁護士は、「449万円が限界だから、示談した方がよい」と被害者を説得しましたが、納得できず、みらい総合法律事務所に相談しました。
弁護士の見解では、既存障害で減額されるのはおかしい、とのことだったので、弁護士をみらい総合法律事務所に切り替えました。
裁判にはなりましたが、最終的には被害者の主張が認められ、1363万7770円で解決しました。
当初の弁護士が限界だと説明した449万から、約3倍に増額したことになります。
やはり、交通事故は、交通事故を得意とする弁護士に依頼する方がよいでしょう。
20160226.png

【後遺症】10級で、約2.9倍に増額

2015年05月15日
20150515.jpg

66歳女性が、交通事故により、右上腕骨近位端粉砕骨折等の傷害を負い、肩関節機能障害の後遺症を残して症状固定しました。

被害者が自賠責後遺障害等級認定を申請したところ、10級10号が認定されました。
保険会社は、被害者に対し、示談金として、5,974,355円を提示しました。
被害者が、この金額が妥当かどうかについて、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。
弁護士が増額可能との判断を下したため、依頼し、最終的に、17,500,000円で解決しました。
保険会社提示額の約2.9倍に増額したことになります。
お大事に。
20150515.jpg

【死亡事故】66歳男性で約1,680万円の増額

2014年08月28日
20140828.jpg

66歳男性が、交通事故で、死亡しました。

被害者は、家事労働を少ししていました。
保険会社は、被害者の過失を指摘して、示談金として、25,172,912円を提示しました。
ご遺族がみらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、十分に増額が可能と判断され、弁護士に依頼しました。
その結果、過失がゼロとなり、賠償金は、41,967,558円となりました。
約1,680万円増額したことになります。
故人のご冥福をお祈りいたします。
20140828.jpg

【後遺症10級】左足指用廃で約2倍に増額

2014年03月23日

66歳女性が、交通事故により、左足指の骨折等の傷害を負い、左足指の用を廃した後遺症を残しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、後遺障害等級10級が認定されました。
保険会社は、被害者に対し、示談金として、7,481,157円を提示しました。
被害者はこの示談金額が妥当かどうか確認すべく、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。
弁護士の判断は、さらに増額可能、とのことだったので、弁護士に依頼しました。
最終的には、15,524,473円で解決しました。
保険会社提示額から、約2倍に増額したことになります。
お大事に。

140323.png

交通事故解決事例2013.3.23掲載 約4.8倍に増額

2013年03月23日

60歳女性が、交通事故で脳挫傷や足の骨折などの傷害を負い、高次脳機能障害及び下肢可動域制限の後遺症を残し、自賠責後遺障害等級併合6級が認定された事例。

保険会社は被害者に対し、示談金として6,883,372円を提示。

当事務所が受任した結果、最終的に33,260,000円で解決しました。

約4.8倍に増額したことになります。

お大事に。

130323.png

交通事故解決事例2012.11.23掲載 約3200万円の増額

2012年11月23日

65歳男性の死亡事故です。

しかし、事故が原因で死亡したのか、医療過誤が原因で死亡したのか、不明であり、加害者側からの物損の約10万円の提示があるのみでした。

当事務所が受任した結果、最終的に、32,106,400円で解決しました。

故人のご冥福をお祈りいたします。

121123.png

交通事故解決事例2012.11.11掲載 約2700万円の増額

2012年11月11日

62歳女性が、自動車事故で脳挫傷などの傷害を負い、高次脳機能障害の後遺症を残し、自賠責後遺障害等級1級1号が認定された事例。

保険会社は、被害者に対し、既払い金を除き、64,883,378円を提示。

当事務所が受任した結果、最終的に92,500,000円で解決しました。

約2700万円増額したことになります。

お大事に。

121111.png

交通事故解決事例2012.8.26掲載 約1.77倍に増額

2012年08月26日

63歳男性が、交通事故で頭部外傷などによる傷害を負い、難聴の後遺症を残し、自賠責後遺障害等級10級5号が認定された事例。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、6,183,460円を提示。

当事務所が受任した結果、最終的に、11,000,000円で解決しました。

約1.77倍に増額したことになります。

お大事に。

120826.png

  • 出張相談
  • 症状別・部位別解決実績
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
 部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故