交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

【後遺障害】併合13級で3.16倍に増額

2018年06月18日
hyou-20180618.jpg

35歳男性が、原付バイクで直進中、右折してきた加害者の自動車に衝突された交通事故です。

被害者は、右小指基節骨骨折、左足背皮膚潰瘍後の左足関節前方肥厚性瘢痕などの後遺症を残し、症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は、13級6号と14級5号の併合13級が認定されました。

保険会社は、治療費など既払い金の他、示談金として、189万5766円を提示しました。

被害者はこの金額が妥当なものかどうか、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士からは、増額可能との意見があったため、依頼することにしました。

弁護士と保険会社が交渉しましたが、決裂し、訴訟へ。最終的には、600万円で解決しました。

保険会社提示額の約3.16倍に増額したことになります。お大事に。

20180618.png

【後遺障害】12級13号で約2.9倍に増額

2018年05月21日
hyou-20180523.jpg

34歳女性が、自転車で歩道を走行中に信号機のないT字路を横断しようとしたときに、T字路から出てきた自動車に衝突された交通事故です。

被害者は、右膝内側半月板損傷の傷害を負い、神経症状の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、12級13号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、既払い金を除き、示談金として、277万0915円を提示しました。

被害者がこの金額が妥当かどうか、確認するために、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士からは、増額可能と意見があったので、依頼することにしました。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、過失割合や逸失利益等で合意ができず、裁判へ。

最終的には、増額の上、815万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.9倍に増額したことになります。

お大事に。

20180523.png

【後遺障害】12級で約4.74倍に増額

2018年01月05日
hyou-20180105.jpg

36歳男性が、信号機のある交差点をバイクで直進中、右折してきた自動車に衝突された交通事故です。

右股関節脱臼骨折等の傷害を負い、機能障害の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、12級が認定されました。保険会社は被害者に対し、示談金として、271万0650円を提示しました。

被害者が、この金額は妥当なものかどうか、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、弁護士からは、提示金額は自賠責基準であり、不当である旨指摘があったので、依頼することにしました。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、保険会社が譲歩しなかっため、提訴。最終的には裁判基準で増額され、1285万2290円で解決しました。

保険会社提示額の約4.74倍に増額したことになります。

お大事に。

20180105.png

【後遺障害】併合9級で1000万円増額

2017年12月18日
hyou-20171218.jpg

33歳個人事業主の男性が、バイクで交差点を直進中、右折自動車に衝突された交通事故です。

被害者は、右橈骨遠位端骨折、右母指MP関節側副靱帯損傷などの傷害を負い、右上肢長管骨変形障害等の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、10級7号と12級8号の併合9級が認定されました。

保険会社は、すでに支払済みの金額を除き、示談金として、1500万円を提示しました。被害者は、この金額が妥当かどうか、今後どうすればよいかを、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

その上で、被害者は、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼することとしました。海外での仕事のため、訴訟ではなく、示談でできる限りの増額を望んでいました。

そこで、弁護士が保険会社と交渉し、ギリギリの2500万円で示談解決しました。保険会社提示額から1000万円増額したことになります。

お大事に。

20171218.png

【後遺障害】12級7号で約3.35倍に増額

2017年12月04日
hyou-20171204.jpg

34歳男性が、原付バイクで走行中、トラックを追い越そうとしたところ、そのトラックが右に進路変更し、衝突した交通事故です。

被害者は、左大腿骨骨折等の傷害を負い、足関節に機能障害の後遺症を残して症状固定しました。自賠責後遺障害等級を申請したところ、12級7号が認定されました。

保険会社は、すでに支払済みの金額を除き、示談金として、289万3117円を提示。被害者は、この提示金額の妥当性を確認すべく、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士が検討した結果、まだまだ増額可能との判断となり、示談交渉を依頼。事故前の収入が月10万円程度だったため、保険会社は逸失利益を低く見積もっており、交渉は難航しましたが、最終的には保険会社が譲歩し、増額。

970万円で示談解決しました。保険会社提示額の約3.35倍に増額したことになります。

お大事に。

【後遺障害】併合14級で約3.8倍に増額

2017年08月21日
hyou-20170821.jpg

33歳女性の派遣社員が、歩行中、自動車に衝突された、ひき逃げ交通事故。

被害者は、頚椎捻挫、足関節靱帯損傷等の傷害を負い、神経症状の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、併合14級が認定されました。

保険会社は、すでに支払った195万円の他、示談金として、124万8636円を提示しました。

被害者は、提示された示談金額が妥当かどうか確認するため、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

相談の結果、増額可能と判断し、弁護士に依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉した結果、最終的に472万4573円で解決しました。

保険会社提示額の約3.8倍に増額したことになります。

お大事に。

20170821.png

【後遺障害】併合12級で21.8倍に増額

2017年08月08日
hyou-20170712.jpg

31歳女性が、夜間、幹線道路を徒歩で横断しようとしたところ、直進してきた四輪加害自動車に衝突された交通事故。

怪我は、右足大腿骨転子骨骨折等の傷害を負い、治療のかいなく、神経症状や外貌醜状の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は、12級13号と14級5号の併合12級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、433,880円を提示しました。

被害者は、これは、あまりにも低すぎるのではないか、と考えて、みらい総合法律事務所の弁護士に交渉を依頼しました。

保険会社側の主張は、被害者が夜間、幹線道路を横断していた過失を大きく主張するものでした。

また、本件の難しいところは、過失が大きいので、加害者側への請求の自分の人傷への請求のどちらを先に行った方が得なのか、という点もありました。

結局、双方検討した上、人傷先行として、最終的に、9,501,515円で解決しました。

人傷含みですが、当初保険会社が提示した金額の21.8倍に増額したことになります。

お大事に。

hyou-20170712.jpg

【後遺障害】併合10級で約2倍に増額

2017年07月08日
hyou-20170708.jpg

36歳男性が、道路に飛び出したところ、直進してきた加害車両に衝突された交通事故。

第一腰椎圧迫骨折、前歯欠損等の傷害を負い、治療をしましたが、脊柱変形等の後遺症が残ってしまい、自賠責後遺障害等級併合10級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、8,948,869円を提示しました。

被害者が、この金額の妥当性について、確認するべくみらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、弁護士からは、十分増額可能ということだったので、示談交渉を依頼。

弁護士が保険会社と交渉したところ、飛び出しということもあり、過失相殺が争いになりましたが、最終的には合意に達しました。

解決金額は、17,136,187円であり、保険会社提示額の約2倍に増額したことになります。

お大事に。

hyou-20170708.jpg

【後遺障害】5級5号で約3000万円増額

2017年06月23日
hyou-20170623.jpg

31歳男性が、バイクで交差点に進入したところ、四輪車と出会い頭に衝突した交通事故。

左下腿開放骨折の傷害を負い、治療をしましたが、結局左足を切断しなければならなくなりました。

自賠責後遺障害等級5級5号が認定され、示談交渉が始まりました。

被害者は事故前に比べ減収がなかったため、保険会社が逸失利益の計算を渋り、交渉が難航し、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。その時点での保険会社提示額は、5060万7644円です。

弁護士と保険会社の交渉は決裂し、訴訟に持ち込まれました。

逸失利益と過失割合で争点となりましたが、最終的には、8100万円で解決しました。

保険会社提示額から約3000万円増額したことになります。

お大事に。

hyou-20170623.jpg

【後遺障害】11級7号で1100万円獲得

2017年05月19日
hyou-20170519.jpg

33歳アルバイト男性が、バイクを運転中、四輪車と交差点で衝突した交通事故。

怪我は、第7胸椎破裂骨折で、脊柱に後遺症が残りました。被害者が自賠責後遺障害等級を申請したところ、11級7号が認定されました。

被害者は、交通事故が初めての経験であり、また、後遺障害が残ってしまったことから、自分で解決することは困難と考え、みらい総合法律事務所の無料相談を利用した上で、依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉では、過失割合と逸失利益における労働能力喪失期間が争点となりました。

最終的には、折り合うことができ、1100万円で解決をしました。

お大事に。

  • 出張相談
  • 症状別・部位別解決実績
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故