交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

箱根で3人死傷交通事故(センターラインオーバー)

2005年09月23日

2005年9月18日午前7時10分ごろ、有料道路の「箱根ターンパイク」で交通事故がありました。

東京都在住の男性(36)の乗用車がセンターラインをオーバーし、対向車と正面衝突し、対向車が炎上、
運転席と助手席にいた男性2人が死亡したという交通事故が発生したそうです。運転していた男性は全身を強く打って重体。

ニュースによると、ブレーキ痕から運転の男性がスピードを出しすぎて起きた交通事故だと書いてあります。

道路交通法により、車両は、道路の左側部分を走行しなければなりません。車両を運転する者は、
対向車がセンターラインをオーバーして走行してくることまで予測して運転することまで期待されていません。したがって、
センターラインオーバーによる交通事故の過失割合は、10対0が基本です。センターラインがなかったり、幅員が狭いような場合には、
別途考慮されることになります。

この交通事故によりお亡くなりになったお2人のご冥福をお祈り申し上げます。

  • 【交通事故の無料相談について】
    クリックすると動画再生します
  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故