交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

死亡事故

2005年09月01日

慰謝料は、交通事故の被害者が被った様々な損害のうち、精神的損害に対する賠償のことです。交通事故による損害賠償イコール慰謝料ではありません。

死亡事故の場合も同様です。慰謝料の他、逸失利益や葬儀費用その他の賠償があります。

このうち、慰謝料については、だいたいの金額の相場があります。

交通事故により死亡した者の家庭における立場により、次のように分類されています(赤い本2005による)。

一家の支柱 2,800万円
母親、配偶者 2,400万円
その他(独身者、子供、幼児等) 2,000万円†2,200万円

この金額に、死ななかったら将来得られたであろう収入の概念である逸失利益が加算されることになります。

子供や幼児が亡くなったときの両親の悲しみは、一般的に他の場合よりも精神的苦痛の程度は大きいような気がします。判例の集積により是正されることを期待します。

  • 【交通事故の無料相談について】
    クリックすると動画再生します
  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故