交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

損害賠償金約2億3000万円の判決獲得

2007年02月18日

先日、当事務所が担当した東京高等裁判所係属の訴訟で判決があり、損害賠償金約2億3000万円の判決が出ました。
後遺障害等級1級の事案です。既払いを除くと、合計損害額は、約2億8000万円でした。

特筆すべき点としては、将来の介護費用について、職業介護人分として、1日当たり2万5000円を認めた点です。

従来の判例では、職業介護人でも1日あたり1万円から1万3000円で認定されるのが通常ですが、今回は、
その倍以上の介護費用が認定されています。1日につき2万4000円を認めて画期的判決と言われた東京地裁平成15年8月28日判決
(判例時報1839号110頁)を上回っています。

将来の介護費用については、被害者側において、丁寧な立証をすることがポイントとなります。今後も被害者救済のため、
努力をしていきたいと思います。

  • 【交通事故の無料相談について】
    クリックすると動画再生します
  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故