交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

手の障害で言語障害認定

2009年11月26日

交通事故に関する2009年11月25日の名古屋地裁判決を紹介します。

交通事故で右肩や左手などを骨折し、右肩と左手に機能障害の後遺障害が残り、その結果、手話が不自由になったとして、
60歳代の主婦が訴えた事案です。自賠責では、機能障害のみが認定されましたが、
裁判所は機能障害ととも手話の障害を言語障害にあたると認定し、約1220万円の支払を命じました。

判決では、手話能力の14%が喪失したと認定しているそうです。妥当な判断だと考えます。

  • 【交通事故の無料相談について】
    クリックすると動画再生します
  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故