交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

RSDとは

1 RSD

(1) 定義・概念の理解

CRPS=complex regional pain syndrome、 「複合性局所疼痛症候群」

•typeⅠ 神経損傷のないもの→従来のRSD=reflex sympathetic dystrophy

「反射性交感神経性ジストロフィー」
交感神経の異常な反射亢進を基盤とする疼痛、膨張、関節拘縮、皮膚変化を主徴(4主徴)とする病態


•typeⅡ 神経損傷に起因するもの→ 従来のカウザルギー(灼熱痛)


(2) 発生機序

<正常>
交通事故→疼痛→交感神経節刺激→血管収縮→急性期を過ぎると交感神経反射消退

<異常>
交通事故→疼痛→交感神経節刺激→血管収縮→急性期を過ぎても交感神経反射消退しない、異常な緊張状態→血管収縮→虚血→疼痛→交感神経節刺激… の悪循環

これにより、より強い持続的な疼痛刺激が生じます

循環不全により浮腫が起きたり、皮膚温変化、不動による拘縮が生じます


2 診断方法(IASP、Kozin、Gibbonsの診断基準)

現在は、Gibbons(ギボンズ)の診断基準がよく用いられているとされています。


3 後遺障害等級(自賠責)

【12級】
通常の労務に服することができるが、時には労働に差し支える程度の疼痛が起こるもの

【9級】
軽易な労務に服することができるが、疼痛により時には労働に従事することができなくなるため、 就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの

【7級】
軽易な労務以外の労働に常に差し支える程度の疼痛があるもの

※症状固定時に(1)関節拘縮(2)骨の萎縮(3)皮膚の変化(皮膚温の変化、皮膚の萎縮)という慢性期の主要な3つのいずれの症状(以下 「3要件」 という)も健側と比較して明らかに認められる場合に限り、3要件にかかる所見の程度および関節拘縮の程度を参考にして認定されます。

  • 【交通事故の無料相談について】
    クリックすると動画再生します
  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故