交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

後遺障害診断書

交通事故で傷害を負った場合には、しばらくの間、治療に専念することになります。


しかし、治療の甲斐もなく、後遺症が残ってしまうこともあります。

治療効果が上がらなくなると、症状固定となりますが、その時点で後遺症が残った場合には、後遺障害の認定手続に入っていきます。


その際に必要となるのが、「自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書」という書類で、一般には「後遺障害診断書」と呼ばれるものです。

この書類は、担当医師に書いていただきます。たとえば脳神経外科と整形外科など、複数の診療科にまたがって治療を受けており、それぞれについて後遺症が残っているような場合には、各診療科ごとに後遺障害診断書を記載してもらうことになります。


後遺障害診断書を書いてもらう注意点ですが、自覚症状を漏らさず書いてもらうことが重要です。

自賠責後遺障害等級の手続においては、提出した書類に記載していない症状は、ないものとして扱われてしまうのです。

ですから、身体の異常を自覚しているならば、それを自覚症状として記載してもらう必要があるのです。


また、これは医師の領域ですが、検査結果も重要です。

さきほどの自覚症状と同様に、検査をしていなければ「検査が必要でなかった」=「異常がなかった」とみなされる恐れがあります。


必要な検査をし、その検査で異常があった場合には、後遺障害診断書にきちんと記載してもらう必要があります。


さらに、時折、症状固定で治らないにもかかわらず「徐々に改善する見込み」と記載されてしまうことがあります。

医師としては、患者を勇気づける意味もあってそう記載するかもしれませんが、損害賠償の分野では、そう記載されてしまうと、改善するものと判断され将来の逸失利益等が制限されてしまう恐れがあります。


したがって、そのような記載がされた場合は、医師に対し、「医学的にみて本当に改善するのか」を確認し、根拠がない場合には削除してもらうよう求めることも検討します。


もちろん、医学的にみて改善すると判断されたのに、医師に対して無理に削除を要求すべきでないことはもちろんです。

  • 【交通事故の無料相談について】
    クリックすると動画再生します
  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故