交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

遷延性意識障害(植物状態)

介護の具体例

遷延性意識障害(植物状態)の被害者は、そもそも意識がないため、生命活動を維持するための多くの行為を介護しなければなりません。

具体的には以下のような介護です。

•数時間ごとの痰の吸引
•床ずれ防止のための頻繁な体位変換
•定期的なおむつの交換
•食事
•入浴
•更衣
•その他

痰の吸引や体位交換などは、日夜問わず定期的に行わなければなりません。
また、入浴や体位交換などは、 一人で行うことは困難なほどの体力仕事です。

そのため、遷延性意識障害(植物状態)の被害者を自宅介護している近親者は、 朝まで熟睡することすらできないのが現状です。
また、様々な感染症の予防にも配慮しなければなりません。

介護部分の賠償金

このようなことから、交通事故の損害賠償においても、この介護部分に関する賠償金をどのようにするか、 ということが重要な問題となってきます。

しかし、日本の交通事故損害賠償においては、「控えめな賠償」理論で行われることから、実際には、 不十分な賠償金しか示されないのが通常です。

しかし、裁判をせずに、保険会社から提示される介護部分の賠償金は、更に低額であることが常態ですので、 必ず弁護士に相談するようにし、決して安易に示談をしないようにしてください。

  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故