交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

4歳の子どもが事故で亡くなりました。損害賠償の計算は、どのようにしますか?

1ヶ月間の入院治療期間を経てその治療の甲斐なく死亡してしまった場合を想定しますと、主な損害項目としては、治療費、入院雑費、近親者の付添看護費、傷害慰謝料、葬儀費、死亡慰謝料、逸失利益が考えられます。
18歳以下の年少者の死亡による逸失利益の計算方法については、原則として下記計算式によります。

(計算式)
賃金センサスの全年齢平均賃金×(1-生活費控除率)×{(67-死亡時年齢)のライプニッツ係数-(18-死亡時年齢)のライプニッツ係数}

仮に4歳の男子が平成21年に事故で死亡したとすると以下のようになります。

(計算式)
529万8200円〔平成21年賃金センサスの男子労働者学歴計の全年齢平均賃金〕×(1-0.5)×(19.0751〔63年間のライプニッツ係数〕-9.8986〔14年間のライプニッツ係数〕=2430万8141円

上記のように、就労可能年数は、18歳から67歳までの49年間とするのが一般的ですが、大学への進学が確実な場合には、大学卒業時の22歳から67歳までとなり、基礎収入は大卒の全年齢平均賃金となります。
生活費控除率については、男子については50%、女子については30%とする例が多くみられます。
そうすると、男子の場合には、逸失利益は、2430万円8141円×50%=1215万40708円となります。

慰謝料については、一般的には、2,000~2,200万円です。但し、事情により増額することがあります。
葬儀費用については、一般的には150万円です。
これに、治療費、入院雑費、近親者の付添看護費、傷害慰謝料などが加算されることになります。

  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故