交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

その他|後遺症(4級~14級)の賠償金額

いくつか事例を示します。

ある特定の条件のもとでの計算です。状況により全く異なります。
全てこのとおりになるわけでありませんので、誤解なきようお願いします。

一応の参考としてご覧ください。

【14級9号の例】

42歳男性自営業者・事故前年収652万円、入院なし、通院3ヶ月、頸椎捻挫

治療費 実費
交通費 実費
休業損害 670,111円
通院慰謝料 730,000円
後遺症慰謝料 1,100,000円
後遺症逸失利益 4,594,644円
合計 7,094,755円

任意保険会社からの提示額としては、上記「後遺症慰謝料」と「後遺症逸失利益」をまとめて「後遺症」 として一律75万円の自賠責保険金額を提示してくる例が目立っています。

【12級13号の例】

22歳男性大学生・収入なし、入院なし、通院6ヶ月、頸椎捻挫・腰椎捻挫

治療費 実費
交通費 実費
休業損害 なし
通院慰謝料 1,160,000円
後遺症慰謝料 2,900,000円
後遺症逸失利益 16,458,039円
合計 20,518,039円

任意保険会社からの提示額としては、上記「後遺症慰謝料」と「後遺症逸失利益」をまとめて「後遺症」 として一律224万円の自賠責保険金額を提示してくる例が目立っています。
後遺症12級の適正賠償金額を知るには、ここ をクリック!

【9級12号の例】

56歳女性主婦・収入なし、入院1ヶ月、通院1年、右手親指欠損、右肩関節脱臼、顔面挫創、右大腿骨骨折(右手親指欠損で9級12号、右肩及び右大腿骨骨折はともに14級9号)

治療費 実費
交通費 実費
入院雑費 45,000円
医師への謝礼 52,500円
休業損害 1,338,630円
入院慰謝料 1,830,000円
後遺症慰謝料 6,900,000円
後遺症逸失利益 10,827,085円
合計 20,993,215円

後遺症9級の適正賠償金額を知るには、ここ をクリック!

【5級5号の例】

47歳男性会社員・年収621万円、入院224日、右下腿切断

治療費 実費
交通費 実費
入院雑費 336,000円
入院付添費 642,149円
文書料 86,800円
装具代 294,120円
休業損害 3,811,068円
後遺症慰謝料 14,000,000円
後遺症逸失利益 61,137,325円
合計 80,307,462円

後遺症5級の適正賠償金額を知るには、ここ をクリック!

  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故