交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

【後遺症】約2.85倍に増額

2016年12月12日

20161212.jpg
44歳男性が、右母指MP関節尺側靱帯損傷の傷害を負う交通事故に遭いました。

事故は、被害者が自転車で直進中、路外に出る自動車に衝突されたものです。

治療のかいなく、被害者には、後遺症が残り、自賠責の後遺障害等級10級7号が認定されました。

保険会社は、すでに支払い済みの約237万円の他、示談金として、699万4241円を提示しました。

被害者は、この金額に納得できず、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

保険会社とは話し合いがつかず、裁判となりました。

裁判では、付き添い費や逸失利益、物損金額などが争点となりましたが、ほぼ被害者側の主張が認められ、最終的に2000万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.85倍に増額したことになります。

お大事に。
20161212.png

  • 【交通事故の無料相談について】
    クリックすると動画再生します
  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故