交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

高次脳機能障害における後遺障害等級認定のポイント

高次脳機能障害の疑いがある場合には、調査事務所は、医療機関に対し、「頭部外傷後の意識障害についての所見」、「脳外傷による精神症状等についての具体的な所見」が送付され、被害者の関係者に対して「日常生活状況報告表」が送付されます。

これらが返送され、高次脳機能障害の疑いが生じた場合には、損保料率機構本部審査会又は地区本部審査会の「高次脳機能障害専門部会」が審査を担当することになります。


そして、高次脳機能検査の審査においては、①意識障害の有無とその程度、②画像所見として、急性期における脳内出血の有無、③脳室拡大、縮小の有無、その後の症状の経過、等が重要なポイントとなります。

1 意識障害

これは、臨床上、脳外傷による高次脳機能障害は、頭部外傷による意識障害の後に出現しやすいということに基づいています。

一時性びまん性脳損傷の場合には、事故直後に意識障害が発生しますが、二次性びまん性脳損傷の場合には、事故後しばらくして意識障害が発生します。

意識障害については、「昏睡~半昏睡で、刺激による開眼をしない程度の意識障害=JCSが3桁、GCSが8点以下」が6時間以上続いているか、「健忘症~軽症意識障害=JCSが2桁、GCSが13点~14点」が1週間以上続いているかといったような程度の判定があります

※JCSは、覚醒の段階を9段階で表現するもので、数値が大きいほど意識障害が重くなります。
 3桁=刺激しても覚醒しない状態
 2桁=刺激すると覚醒する(刺激をやめると閉眼し、眠る)状態
 1桁=刺激しないでも覚醒している状態

※GCSは、意識レベルを3点(深昏睡)から15点(意識清明)で評価するもの。

2 急性期における脳内出血の有無

これは、急性期において、脳内出血が確認される場合には、相当程度の軸索損傷が発生していることと推定されること、くも膜下血腫が認められる場合には、びまん性軸索損傷が推定されること、から判定基準となっているものです。


3 脳室拡大・萎縮

外傷後3ヶ月以内に脳室拡大・萎縮が認められる場合も高次脳機能障害が疑われます。

この場合には、経時的な画像比較が必要となるので、高次脳機能障害が疑われる場合には、一定期間ごとに画像を撮影しておく必要があります。

治療の過程でこれらの事情があった場合には、高次脳機能障害を疑い、高次脳機能検査を受けておく必要があります。


4 経過の観察

高次脳機能障害では、急性期の症状は急速に回復し、その後はゆるやかに回復することから、受傷後1年程度経過観察をした上で症状固定をすることが望ましいと言えます。

ただし、幼児や児童の場合には、成人に比べて頭部外傷に対する抵抗力が強く、回復力が高いため、学校などで経過観察し、慎重に判断することが要請されます。

また高齢者で就労していない場合は、事故の前後の就労能力の判断が困難ですから、日常生活状況の調査が必要となります。

  • 【交通事故の無料相談について】
    クリックすると動画再生します
  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故