交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

東京地裁裁判官による講演会

2006年11月08日

昨日2006年10月21日(土)は、弁護士会館において、東京地方裁判所27部(交通事故専門部)の裁判官8名による
「交通事故に関する講演会」が開催されました。

これは、財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が東京三弁護士会と共催にて開催するもので、毎年恒例のものです。

私たち、交通事故の損害賠償請求事件を扱う弁護士にとっては、非常に貴重な講演会です。

この講演会の講演録は、毎年発刊される、財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部編集発行の「民事交通事故訴訟・
損害賠償額算定基準」(講演録編)に収められます。

同講演会の部総括裁判官の報告によると、東京地裁に係属した交通事故の新受件数は、平成11年は、896件だったのに比べ、
平成17年は、1,382件とのことでした。6年間で1.5倍の増加です。

交通事故訴訟が増加しているということは、被害者側弁護士の判断では、
損害保険会社が十分な賠償金の提示をしていないということだと思います。

交通事故において、損害保険会社が、裁判所で認定される適正な賠償金を提示してくれるよう、
今後も交通事故事件の適正な処理に努力したいと思います。

  • 【交通事故の無料相談について】
    クリックすると動画再生します
  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故