交通事故被害者のために弁護士が慰謝料を増額

講演会

2007年10月28日

2007年10月27日に、弁護士会館にて、財団法人日弁連交通事故相談センター主催の交通事故に関する講演会が開催されました。
これは、毎年行われているもので、この講演会の講義録が、次の年の「赤い本」の講演録に掲載されるものです。

当日は、神奈川大学工学部情報システム創成学科の堀野定雄先生による、「映像記録型ドライブレコーダを活用した事故分析と交通安全」
と、東京地裁27部の6人の裁判官によるリレー講演でした。

講演の演題は、次のとおり

①最近の東京地裁民事交通訴訟の実情
②減収がない場合における逸失利益の認定
③物損に関連する慰謝料
④交通事故訴訟における共同不法行為
⑤12級又は14級の後遺障害等級において労働能力喪失率表より高い喪失率が認められる場合
⑥施設入所中の重度後遺障害者の損害算定に関する諸問題

各裁判官の心証なども開示され、大変有意義な講演会でした。当事務所からも多数参加しました。

  • 【交通事故の無料相談について】
    クリックすると動画再生します
  • 出張相談
  • 交通事故問題はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
交通事故の弁護士相談はお気軽に
部位別・等級別解決実績 お客様の声
ムービー
  • 動画1
  • 動画2
最新解決実績 マスメディア実績
シミュレーション
  • 後遺症
  • 死亡事故
死亡事故ご遺族の方 後遺症の方
出版実績
  • 実績
詳しくはこちら
メディア実績
  • 実績2
詳しくはこちら
バックアップ ブログ
  • 依頼者の声
  • 解決実績
  • ご相談フォーム
  • 解説動画
  • 後遺症 死亡事故